ある呪われた学校で…:ザ・シリーズ

ある呪われた学校で…:ザ・シリーズ

Netflixドラマ『ある呪われた学校で…:ザ・シリーズ』「美しさの代償」ネタバレ感想

ベンジャダラスカ校にはSNSでも大人気のインフルエンサーでモデルの美少女ダオがいます。ダオのクラスメイトの少女エイムは、自分とは程遠い存在でありながら優しく接してくれるダオに憧れ、ダオのようになりたいと願っていました。
ある呪われた学校で…:ザ・シリーズ

Netflixドラマ『ある呪われた学校で…:ザ・シリーズ』「復讐の呪文」ネタバレ感想

パニャフンウィッタヤ校では深夜、女子高生ミントが何者かから必死で逃げ回っていました。ミントはSNSで生配信を行い、視聴者に助けを求めます。しかし誰も本気にせず、ミントを助けに来てはくれません。
ある呪われた学校で…:ザ・シリーズ

Netflixドラマ『ある呪われた学校で…:ザ・シリーズ』「午前7時」ネタバレ感想

キリンマス国際学校の6-4教室には怪談があります。午前7時に黒板に書かれた科目の教科書を忘れると、存在ごと消されるというのです。その呪いを回避するため、クラスメイトたちは学校から一番家が近い役人の息子Qに、早朝に登校し黒板の写真を撮るよう命じていました。
スポンサーリンク