更新:『明日』登場人物まとめ

ミステリーバス

ミステリーバスミステリーバス

ミステリーバスに乗り込んだ乗客たちが行く先には、世にもおぞましい運命が待ち受けていた……。

北欧のホラー短編集『ミステリーバス』が描くのは「究極の儀式」「狂気の3兄弟」「毒筆」「モルモット」「古い学校」「暗黙のタブー」の6作品です。

※トップ画像はNetflixから引用いたしました。

ミステリーバス

Netflixドラマ『ミステリーバス』ネタバレ考察「暗黙のタブー」

ある会社で毎年恒例のサマーパーティーが開かれました。動物の仮装をするのがパーティーの決まりで、皆が思い思いの仮装で現れます。新入社員のクリスティンとポールは、同じネズミの仮装をしていたことがきっかけで仲良くなります。そして、2人共よく知らない5月に起きた「マルタの落下事故」について調べ始めました。この事故には不可解な点がいくつもあるのです。様々な社員の話を聞く内に、マルタが事故の時に立ち会っていた同僚2人ウィリアムとヘレネからいじめられていたと分かり……。
ミステリーバス

Netflixドラマ『ミステリーバス』ネタバレ考察「古い学校」

都会の小学校で挫折を味わった若い女性教師サナは、静かな田舎にあるアサック小学校で教師生活を仕切り直すことにしました。しかしサナは赴任初日から怪しげな老人男性を目にします。そして、校舎でひとりになった時には怪奇現象が起きるのです。寄宿舎の世話人アグダや先輩教師トリーネ、用務員カトに話を聞いたサラは、霊の正体へと近付いていきます。都会で過ごしてきたサラには、田舎独特の「空気」に追い詰められた家族の話が痛ましく思え、霊に同情するようになっていきます……。
ミステリーバス

Netflixドラマ『ミステリーバス』ネタバレ考察「モルモット」

製薬企業の社長エドマンドは、抗うつ剤の開発成功を祝って妻と社員たちを招いてパーティーをしていました。しかし新薬を披露しようとした時、金庫から新薬が消えていることに気付きます。エドマンドは怒り心頭でした。妻と社員たち5人の中の誰かが新薬を盗んだ――独創的なやり方で道を切り拓いてきたエドマンドは、ある解決法を思いつきます。エドマンドに事件解決か死かの2択を迫られた5人は、ガラス張りの部屋の中で疑心暗鬼を膨らませていくのですが……。
ミステリーバス

Netflixドラマ『ミステリーバス』ネタバレ考察「毒筆」

愛嬌たっぷりの女性オリヴィアは、物語を書くのが趣味です。今日は恋人の家でディナーパーティーが開かれます。執筆講座に出たオリヴィアは、パッとしないおじさんアレックスと出会いました。彼も物語を作っているようです。帰宅したオリヴィアは、シェアハウスの同居人たちが自分を殺す計画を立てていることを盗み聞きしてしまいました。オリヴィアの最悪の1日が始まります。そしてオリヴィアは恐ろしいことが起きていることに気付くのでした……。
ミステリーバス

Netflixドラマ『ミステリーバス』ネタバレ考察「狂気の3兄弟」

青年エリックは、3年間の精神科病院の入院を終えて、都会に出てきました。そこに長男ゲオルグと次男オットーが訪ねてきます。兄たちにそそのかされ、エリックは薬も飲まずに外出します。途中で出会った女性モニカを連れて、山小屋へと向かいました。幼い頃、父と兄たちと共に過ごした山小屋で、エリックとゲオルグ、オットー、モニカがパーティーを始めました……。
ミステリーバス

Netflixドラマ『ミステリーバス』ネタバレ考察「究極の犠牲」

都会に住んでいたハルトマン一家はお金のやりくりに失敗し、田舎のホルゲン町へと引っ越してきました。町民から「生贄の石」について聞いた妻モリーは、都会に戻る引っ越し資金のために生贄を捧げますが、小銭しか得られません。モリーは思い切って、愛犬ボルトを生贄に捧げます。それでも引っ越し資金には程遠い金額しか手に入らず、モリーは憤ります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました