更新:『ある呪われた学校で…:ザ・シリーズ』「午前7時」

呪怨:呪いの家

呪怨:呪いの家呪怨:呪いの家

※トップ画像はNetflixから引用いたしました。

呪怨:呪いの家

Netflixドラマ『呪怨:呪いの家』全6話ネタバレまとめ&登場人物まとめ&考察

ミヅチ この記事は、Netflixオリジナルドラマ『呪怨:呪いの家』全6話のネタバレと考察、登場人物紹介です。 呪怨:呪いの家 とは 『呪怨:呪いの家』は2020年7月3日からNetflixにて独占配信されている全6話のドラ...
呪怨:呪いの家

Netflixドラマ『呪怨:呪いの家』シーズン1-6「屋根裏にいたもの」ネタバレ感想【最終回】

1997年になり、2年前に起きた灰田夫婦の事件は人々の記憶の中に埋もれていきました。そして「家」に新しい住人が入ります。妊婦である智子と夫・勇作の諸角夫婦です。2人は引っ越したその夜に怪異を目にしました。家の中の時間が狂い始めます。智子は9年前のテレビ番組を観た後、2年前に「家」を訪れた真崎圭一と遭遇しました。
呪怨:呪いの家

Netflixドラマ『呪怨:呪いの家』シーズン1-5「忘れていた記憶」ネタバレ感想

遂に小田島が「家」に入りました。小田島が5歳の頃――35年前には、小田島の姉・一葉が姿を消す事件が起きていたのです。灰田家となった「家」には多くの捜査員がいました。上司である高坂刑事は捜査員たちに異変が起きていると報告を受けています。小田島が「家」に入った瞬間、家の中に異変が起き始めます。失踪した芳恵と真衣は、当時の姿のまま家をうろついていました。
呪怨:呪いの家

Netflixドラマ『呪怨:呪いの家』シーズン1-4「連鎖する呪い」ネタバレ感想

連続幼女殺人事件の容疑者であるMは、オカルトマニアで小田島のファンでもありました。犯罪マニアでもあるMは、オカルトと過去の犯罪を結びつけます。何度もおかしな事件が起きている「ある家」をMは調べていました。その家では43年前に女性が監禁され、その後妊娠して赤ん坊を産むが、その赤ん坊は消え女性は死んだという事件が起きていました。
呪怨:呪いの家

Netflixドラマ『呪怨:呪いの家』シーズン1-3「窓辺にいた女」ネタバレ感想

駆け落ちした聖美と雄大は、名前を変えて別人として生きるようになっていました。2人の間には、俊樹という息子がいます。しかし殺人をきっかけに人生が狂ったと思い込んだ雄大は、殺人を指示した聖美と、自身の子だと信じ切れない俊樹に暴力を振るうようになります。俊樹を守るために現れた児童相談所の職員・君江までもが霊の姿を目撃します。その頃、既に雄大の精神は限界に達していました。
呪怨:呪いの家

Netflixドラマ『呪怨:呪いの家』シーズン1-2「墜ちていくふたり」ネタバレ感想

猫屋敷と呼ばれる「変な家」に入った転校したばかりの女子高生・聖美は、他校の男子・雄大に乱暴されてしまいました。その糸を引いた同級生の女子のひとり・真衣は猫の声を聞き、どこかに行ってしまいます。真衣の友人・芳恵は行為の写真を撮りました。女の霊と出会った聖美は、芳恵の彼氏・雄大を奪って帰宅します。芳恵は行方不明になった真衣を探し、芳恵も行方不明になりました。
呪怨:呪いの家

Netflixドラマ『呪怨:呪いの家』シーズン1-1「行ってはいけない家」ネタバレ感想

1988年、心霊研究家の小田島は女優・本庄はるかから心霊体験を聞き出します。心霊現象は本物で、妙な声を録ることができました。はるかには霊そのものが感知できていないため、小田島ははるかの彼氏・哲也に会いに行き「変な家」の話を聞きました。その後、はるかを自宅に呼んで同棲し始めた哲也は「変な家」にいた包みを持った女の霊と対面してしまいます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました