更新:『明日』登場人物まとめ

今際の国のアリス

今際の国のアリス今際の国のアリス

※トップ画像はNetflixから引用いたしました。

今際の国のアリス

Netflixドラマ『今際の国のアリス』シーズン1-8【ネタバレ感想】はあとのじゅう「まじょがり」【最終回】

はあとのじゅう「まじょがり」の真の意図に辿り着いたアリスは、「げぇむ」を「くりあ」へと導きました。しかし「ビーチ」を生き残れたのは、ほんの一握りでした。その後アリスとウサギは、アサヒの残した映像をヒントに「でぃいらぁ」たちの拠点へと向かい、衝撃の事実に直面します。
今際の国のアリス

Netflixドラマ『今際の国のアリス』シーズン1-7【ネタバレ感想】はあとのじゅう「まじょがり」

エピソード7で描かれた「げぇむ」は、はあとのじゅう「まじょがり」です。参加者は「ビーチ」にいる全員。モモカの胸を刺して殺した犯人「魔女」を捜し出し、「裁きの炎」と呼ばれる中庭のかがり火で燃やせば「くりあ」です。「魔女」は女性とは限らないため、「ビーチ」の全員に犯人の可能性があります。
今際の国のアリス

Netflixドラマ『今際の国のアリス』シーズン1-6【ネタバレ感想】はあとのじゅう「まじょがり」

チシヤから「ビーチ」の崩壊が近いと聞き、アリスとウサギはチシヤの計画に乗りました。そして、チシヤは2人を代償にして、自分の計画を成功へと導きます。裏切者として武闘派に捕らえられた2人が襲われる中、チシヤはクイナと共に「ビーチ」を後にしようとしていました。そんな時、「ビーチ」にいる全員を参加者とした新しい「げぇむ」が始まってしまうのでした。
今際の国のアリス

Netflixドラマ『今際の国のアリス』シーズン1-5【ネタバレ感想】だいやのよん「でんきゅう」

エピソード5で描かれた「げぇむ」は、だいやのよん「でんきゅう」です。参加者はアリス、アン、クイナ、タッタなど7人。水が流れ込む部屋の中で、3つのスイッチの内、小部屋の中の電球を点けられるスイッチはどれかを当てます。解答は一度のみ。小部屋を開けてスイッチを入れられるのは一度限りです。
今際の国のアリス

Netflixドラマ『今際の国のアリス』シーズン1-4【ネタバレ感想】くらぶのよん「ディスタンス」

エピソード4で描かれた「げぇむ」は、くらぶのよん「ディスタンス」です。参加者はアリス、ウサギ、ヤマネ、タクマ、セイザンの5人。トンネルの中にあるバスをスタート地点として、120分以内にゴールを目指します。トンネルの中にはクロヒョウが待ち構えており、トンネルの先は鉄板で塞がれています。
今際の国のアリス

Netflixドラマ『今際の国のアリス』シーズン1-3【ネタバレ感想】はあとのなな「かくれんぼ」

エピソード3で描かれた「げぇむ」は、はあとのなな「かくれんぼ」です。参加者はアリス、カルベ、チョータ、シブキの4人。木々が生い茂る植物園の中で「狼」1人と「羊」3人の攻防が繰り広げられます。生き残るのは最後に「狼」になった1人のみ。他の「羊」3人は装着した首輪が爆発して死亡します。
今際の国のアリス

Netflixドラマ『今際の国のアリス』シーズン1-2【ネタバレ感想】すぺえどのご「鬼ごっこ」

エピソード2で描かれた「げぇむ」は、すぺえどのご「鬼ごっこ」です。参加者はアリス、ウサギ、カルベ、タッタ、アグニ、チシヤなど13人。アパートの中で「鬼」から逃げながら、「くりあ」条件となっている「じんち」を探します。「鬼」はマシンガンを持っており、積極的に参加者を射殺します。
今際の国のアリス

Netflixドラマ『今際の国のアリス』シーズン1-1【ネタバレ感想】くらぶのさん「生きるか死ぬか」

エピソード1で描かれた「げぇむ」は、くらぶのさん「生きるか死ぬか」です。参加者はアリス、カルベ、チョータ、シブキ、ミナミの5人。「るうる」は制限時間内に「生」「死」の2つのドアから正解を選んで進み、建物の外に出ること。不正解でも時間切れでも死ぬ。
今際の国のアリス

Netflixドラマ『今際の国のアリス』シーズン1の実写化キャストとキャラビジュアルまとめ

Netflixドラマ『今際の国のアリス』シーズン1のキャラクターのビジュアルと設定を紹介。それぞれのキャラクターが活躍してるエピソードもおすすめ。
今際の国のアリス

Netflixドラマ『今際の国のアリス』ネタバレまとめ:最新VFXで描かれるデスゲーム!

ドラマ『今際の国のアリス』はNetflixにて2020年12月10日からシーズン1が独占配信される作品です。 2020年11月時点で18巻刊行されている人気コミックスの実写化であり、最新のVFXを活用した画作りに期待が集まっています!...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました