更新:『華燈初上―夜を生きる女たち―』11~13話

2021-06

mine

Netflixドラマ『mine』ネタバレ感想&用語解説まとめ

ミヅチ この記事では、Netflixで配信中の財閥をテーマとした韓国ドラマ『mine』のネタバレ感想の記事リンクのまとめと用語解説をしています。 登場人物まとめはこちら 10話までのネタバレまとめはこちら ...
mine

Netflixドラマ『mine』シーズン1-16「マイン 輝く女性たち」ネタバレ感想【最終回】

警察の捜査は打ち切られ、財閥ヒョウォングループを率いるハン家の次男ジヨンの死は自殺だったと結論付けられました。警察がハン家に出入りすることはなくなり、次期会長である長男の息子スヒョクの婚約者ユヨンがハン家に入りました。父を喪った次男の息子ハジュンの留学も決まり、ハン家の人々は新しく歩き始めたのです。
mine

Netflixドラマ『mine』シーズン1-15「審判者たち」ネタバレ感想

今回も、財閥ヒョウォングループを率いるハン家の次男ジヨンが亡くなった事件を調べるペク刑事が主軸となっていました。ジヨンは亡くなる2日前、理事たちにより次期会長の座から追われていました。新会長は最大のライバルである長男の妻ソヒョンとなります。ジヨンは会長の座を失い、さらに「闘犬場」で行き場のない人たちの命を弄んでいたという汚名により名誉も失ったのです。
スポンサーリンク
異界探偵トレセ

Netflixアニメ『異界探偵トレセ』シーズン1-4ネタバレ感想

脱獄女囚ラモーナは自身を凌辱したスケルトン・クルー部隊の全員を殺し、夫である戦いの神ダトゥ・タラブサオを召喚しました。しかしダトゥ・タラブサオは自身の子を食らおうとします。ラモーナは子を殺されまいと抵抗し、力及ばず殺されました。ダトゥ・タラブサオのもとに駆け付けたトレセ父娘は、力を合わせてダトゥ・タラブサオを異界に封印するのでした。
異界探偵トレセ

Netflixアニメ『異界探偵トレセ』シーズン1-3ネタバレ感想

アレクサンドラが父アントンと共に異界探偵をしていた頃に担当した脱獄女囚ラモーナの事件には続きがありました。ラモーナは自らを凌辱した「イカれた部隊」スケルトン・クルーの隊長だったイダルゴ大佐を遂に捕らえたのです。イダルゴ大佐を生贄にして血の儀式を行ったラモーナは、ずっと離れていた夫、戦いの神ダトゥ・タラブサオを召喚しました。
mine

Netflixドラマ『mine』シーズン1-14「見えないものとの闘い」ネタバレ感想

13話から、中心となって動くのが長男の妻ソヒョンや次男の妻ヒスではなく、次男ジヨンの事件を捜査するペク刑事になりました。ソンテ執事は事件の1日前、ジヨンを会長の秘密の部屋に閉じ込めようと考えました。しかしソンテ執事は覚悟を決められず、鍵を開けます。事件の5日ほど前から、ジヨンは多くの敵に追い詰められていました。ペク刑事と協力するファン刑事は、容疑者の多さに悩まされます。
mine

Netflixドラマ『mine』シーズン1-13「皆がウソをついている」ネタバレ感想

シスター・エマの証言では、現場には階段の下にハン家の次男ジヨンが血塗れになって倒れており、その隣に倒れている人がいました。階段の上には息を切らしたジヨンの妻ヒスがいました。しかし、一度現場を離れたシスター・エマが再び戻ると、人が1人減っていたのです。ジヨンの隣に倒れていた人を見つけるため、担当刑事は捜査を続けます。その中で、全てを知っている人物に見当がつきました。
異界探偵トレセ

Netflixアニメ『異界探偵トレセ』シーズン1-2ネタバレ感想

異界探偵のアレクサンドラ・トレセは今回、同じような事故が続いている2つの案件に取りかかります。しかしその前に、アレクサンドラが父アントンと若きゲレーロ警部と共に捜査に当たった昔の事件のことも明かされました。女囚ラモーナに屈辱を与えたスケルトン・クルー部隊は、脱獄したラモーナの手により次々と殺されていきました。
mine

Netflixドラマ『mine』シーズン1-12「罪と罪」ネタバレ感想

12話は、次男ジヨンのストレス発散に使われていた死の闘技場「闘犬場」と、闘犬場の「犬」だった前科者クァク・スチャンが中心となりました。次男の妻ヒスは、夫ジヨンに流産を打ち明けました。そして義母スネにも流産を打ち明け、離婚することも報告します。会長職に就くことがほぼ確定となったジヨンは、敵となる長男ジノやその妻ソヒョンの汚点を世間に晒そうと動きます。
mine

Netflixドラマ『mine』シーズン1-11「魅惑の1週間」ネタバレ感想

サブタイトルの「魅惑の1週間」は、次男の妻ヒスとヘジンが過ごした1週間と、神が世界を創造した1週間をかけた言葉でした。流産するまで追い込まれたヒスと、ヒスに敵意を剥き出しにしてきたヘジンとは最初から平穏に暮らせていたわけではありません。しかし、黒幕が次男ジヨンだと知ったヘジンは反省し、自分にはない力を持つヒスに頼るために許しを請うたのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました