更新:『華燈初上―夜を生きる女たち―』11~13話

5話

華燈初上―夜を生きる女たち―

Netflixドラマ『華燈初上―夜を生きる女たち―』エピソード5ネタバレ感想

日系ナイトクラブ「光」のママであるローズが誕生日を迎える日、オーナーで親友のスーと元彼ジャンの交際をローズは知ります。様子のおかしなローズを見て事態を察するスーですが、何事もなかったかのように振る舞うよう努めます。
目覚めれば

Netflixドラマ『目覚めれば』シーズン1-5ネタバレ感想

ゾフィア先生たちはメインフレームに侵入したユリアたちを捕まえにやってきましたが、パヴェウとアダムは教員たちに殴りかかります。ゾフィア先生たちの手を逃れて夜の森に入ったユリアとアダムは、追っ手をやり過ごして朝を迎えました。
異界探偵トレセ

Netflixアニメ『異界探偵トレセ』シーズン1-5ネタバレ感想

生き残った戦いの神ダトゥ・タラブサオの子どもたちをどうするか、アレクサンドラの父アントンと異界の者たちは話し合います。アントンは歪んだ教育を受けた子どもたちを正しく育てていくことを決め、2つの仮面を用意しました。その子どもたちが今、アレクサンドラの部下として働いているのです。アレクサンドラは父の意志を継ぎ、彼らを家族としました。
mine

Netflixドラマ『mine』シーズン1-5「第六感」ネタバレ感想

次男の妻ヒスは、夫の連れ子ハジュンの産みの母が家庭教師ジャギョンではないかと疑いを持ちました。ヒスはジャギョンが前に勤めていたイヨン家に向かいますが、イヨン家の主任メイドは買収されており真実を知ることはできませんでした。ヒスは馬蹄のペンダントを手に夫ジヨンに迫りますが、同じものだという証拠はなく、ジヨンに言いくるめられてしまうのでした。その一方で、ジャギョンは恋人ジヨンや実子ハジュンを取り戻すと決意していました。ジヨンは困り果てます。
ベイカー街探偵団

Netflixドラマ『ベイカー街探偵団』シーズン1-5「神への冒とく」ネタバレ感想

母アリスの墓の前に横たわっていたシャーロックを連れ帰ったビーは、アリスに何があったのかを尋ねました。中華街で占い師をしていたアリスは、ワトソンとシャーロックの仲間に入り事件を解決しながら、娘ビーを育てていました。シャーロックの間に娘ジェシーが産まれた直後、ワトソンが亀裂の場所を突き止めます。それは三角の絞首台で……。一方、救貧院の指導員ヴィクと偶然再会したビリーは復讐に燃えていました。もう子どもじゃないんだ、と――。
悪霊狩猟団:カウンターズ

Netflixドラマ『悪霊狩猟団:カウンターズ』シーズン1-5ネタバレ感想

レベル3の悪霊の寄主ヒャンヒを感知したムンとハナは、デパートで激闘を繰り広げますが、人の目があって窿送りにはできませんでした。ヨンニムの捜査を始めるモタクとジョンヨンは、ヨンニムが凄惨な殺され方をしたと知ります。チョンシンがチャン会長を殺害したことで、市長は暗躍し始めます。チョンシンは命を狙われる身となりました。家出した姉妹の家に、チャンギュが率いる悪党たちがやってきました。そこでモタクとチャンギュは再会するのでした。
返校

Netflixドラマ『返校』第5話「繰り返される歴史」ネタバレ感想

リウ・ユンシアンの父は、男性教師シェン・ホワがユンシアンを襲ったことを知ってシェン校長に訴え出ましたが、いなされてしまいます。怒った父は、シェン校長もろともシェン先生を訴えようと公的に問題にしました。ユンシアンはその調査において、シェン先生に何度も傷付けられます。ユンシアンが過去に盗作をしたこと、精神病を患っていること、幻覚に悩まされていることなどが取りざたされ、ユンシアンはどんどん不利になります。シェン先生は恋心を認めましたが、ユンシアンの症状のため性的暴行は認められず、父は家を出ます。ユンシアンはその夜、自殺を図るのでした。
今際の国のアリス

Netflixドラマ『今際の国のアリス』シーズン1-5【ネタバレ感想】だいやのよん「でんきゅう」

エピソード5で描かれた「げぇむ」は、だいやのよん「でんきゅう」です。参加者はアリス、アン、クイナ、タッタなど7人。水が流れ込む部屋の中で、3つのスイッチの内、小部屋の中の電球を点けられるスイッチはどれかを当てます。解答は一度のみ。小部屋を開けてスイッチを入れられるのは一度限りです。
呪怨:呪いの家

Netflixドラマ『呪怨:呪いの家』シーズン1-5「忘れていた記憶」ネタバレ感想

遂に小田島が「家」に入りました。小田島が5歳の頃――35年前には、小田島の姉・一葉が姿を消す事件が起きていたのです。灰田家となった「家」には多くの捜査員がいました。上司である高坂刑事は捜査員たちに異変が起きていると報告を受けています。小田島が「家」に入った瞬間、家の中に異変が起き始めます。失踪した芳恵と真衣は、当時の姿のまま家をうろついていました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました