更新:『華燈初上―夜を生きる女たち―』11~13話

6話

華燈初上―夜を生きる女たち―

Netflixドラマ『華燈初上―夜を生きる女たち―』エピソード6ネタバレ感想

日系ナイトクラブ「光」の人気ホステスであるハナを車に連れ込んだシュウ・クオピアオは、その欲望をハナにぶつけます。抵抗し殴られて傷だらけになったハナは、走る車から人気のない道へと放り出されてしまいました。
目覚めれば

Netflixドラマ『目覚めれば』シーズン1-6ネタバレ感想【最終回】

病院で目覚めたカロリナは、夢や幻覚に出てきた赤毛の少女と出会います。そして、衝撃的な事実を知らされます。今までカロリナがいた記憶回復施設「セカンドチャンス」は存在せず、自宅での火事も起きておらず、家族も生きていたのです……。
異界探偵トレセ

Netflixアニメ『異界探偵トレセ』シーズン1-6ネタバレ感想【最終回】

一人息子クリムリムをアレクサンドラに殺された雷を操るバギオン族のレクトロは、戦いの神ダトゥ・タラブサオの味方として現れました。タラブサオとレクトロを同時に相手することが不可能だと考えたアレクサンドラは、皆にレクトロをまず倒すよう指示します。アレクサンドラの部下のバシリオとクリスピン、ゲレーロ警部、馬族ティクバランが協力してレクトロを倒すことができました。
mine

Netflixドラマ『mine』シーズン1-6「不都合な真実と偽りの平和」ネタバレ感想

タイトルの「不都合な真実」は家庭教師のジャギョン(を名乗るイ・ヘジン)が次男の息子ハジュンの実母であるという事実です。そして「偽りの平和」とは、お互いの秘密を知る次男ジヨンと長男の妻ソヒョンが牽制し合い、上記の事実を隠して保つ平和を指します。次男ジヨンの秘密は、妻ヒスに隠して息子ハジュンの実母ヘジンを家庭教師として家に入れたことでした。
ベイカー街探偵団

Netflixドラマ『ベイカー街探偵団』シーズン1-6「幻の花」ネタバレ感想

15年前に起きたコレクター事件がまた起きている――ビーはシャーロックの記憶を元に捜査を始めました。シャーロックの推理を否定した植物園の園長イディスとワトソンには隠された関係があるとビーは推理します。イディスの家を調べたビーたちがイディスの計画に迫る中、亀裂を閉じるためジェシーはシャーロックに助けを求めていました。15年前に亀裂が開いたのはなぜなのか……ビーとジェシーそれぞれの捜査が、思いもよらぬ真実を引き寄せます。
悪霊狩猟団:カウンターズ

Netflixドラマ『悪霊狩猟団:カウンターズ』シーズン1-6ネタバレ感想

モタクを襲ったチャンギュは兄ハンギュの命で動いていたと分かり、その後ろに誰がいるのかを探ることになります。チョンシンの「父」は指示通りチョンシンを始末しようとしますが、悪霊の力で反撃され、自らの命を落とすこととなりました。ムンは父と一緒にヨンニムの捜査に当たっていたのがモタクだったこと、そのせいで両親が殺されたのだということを知ります。モタクとメオクがムンの両親の魂がまだ窿を通っていないと知った頃、ムンとハナは両親を殺して食った悪霊の寄主が誰かを突き止めていました。
今際の国のアリス

Netflixドラマ『今際の国のアリス』シーズン1-6【ネタバレ感想】はあとのじゅう「まじょがり」

チシヤから「ビーチ」の崩壊が近いと聞き、アリスとウサギはチシヤの計画に乗りました。そして、チシヤは2人を代償にして、自分の計画を成功へと導きます。裏切者として武闘派に捕らえられた2人が襲われる中、チシヤはクイナと共に「ビーチ」を後にしようとしていました。そんな時、「ビーチ」にいる全員を参加者とした新しい「げぇむ」が始まってしまうのでした。
返校

Netflixドラマ『返校』第6話「長い居残り」ネタバレ感想

自殺を図ったことがきっかけとなり、リウ・ユンシアンの体はファン・ルイシンに乗っ取られてしまいました。ユンシアンはファンの記憶の中でファンとして過ごしながら、ファンが実際に生きた厳しい高校生活を体験します。ユンシアンがファンに乗っ取られたことに気付いたチョン・ウェンリアンは、何とかしてユンシアンを救おうと奔走します。その頃、ユンシアンの体を乗っ取ったファンは、復讐のために翠華高校へと向かっていました。その日はくしくも、翠華高校の創立記念日でした。
呪怨:呪いの家

Netflixドラマ『呪怨:呪いの家』シーズン1-6「屋根裏にいたもの」ネタバレ感想【最終回】

1997年になり、2年前に起きた灰田夫婦の事件は人々の記憶の中に埋もれていきました。そして「家」に新しい住人が入ります。妊婦である智子と夫・勇作の諸角夫婦です。2人は引っ越したその夜に怪異を目にしました。家の中の時間が狂い始めます。智子は9年前のテレビ番組を観た後、2年前に「家」を訪れた真崎圭一と遭遇しました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました