更新:『華燈初上―夜を生きる女たち―』11~13話

Netflixドラマ『今際の国のアリス』シーズン1-6【ネタバレ感想】はあとのじゅう「まじょがり」

Netflixドラマ『今際の国のアリス』アイキャッチ
この記事は約10分で読めます。

ドラマ『今際の国のアリス』はNetflixにて2020年12月10日にシーズン1の全8話が独占配信されている作品です。

マンガ原作のデスゲームを、印象的な演技が持ち味の精鋭キャストや、最新VFXを用いたアクションシーンで鮮やかに実写化しています。

この記事ではNetflixオリジナルドラマ『今際の国のアリス』シーズン1エピソード6の「げぇむ」の説明、ネタバレ、感想と考察を行っています。

ミヅチ
ミヅチ

エピソード6では、アリスとウサギがハメられてしまいます。そして2人が窮地に陥った状況でげぇむが始まってしまい……!

ここから先にはネタバレがあります!
スポンサーリンク

ネタバレまとめ

げぇむ

10「まじょがり」

種類:人の心をもてあそぶ「裏切りのゲーム」
難易度:★★★★★★★★★★

るうる

2時間以内にモモカの命を奪った犯人である「魔女」を捜し出し、「裁きの炎」である中庭のかがり火で燃やす

「魔女」が女性とは限らないため、「ビーチ」にいる全員に犯人の可能性がある

「げぇむ」の参加者

「ビーチ」内にいる全員
モモカ:矢崎希菜さん
スポンサーリンク

『今際の国のアリス』シーズン1エピソード6

ビーチ

SEASIDE PARADISE TOKYOに朝が訪れました。ガンジーの言葉を引用しながら、ボーシヤ(金子ノブアキさん)は「ここに理想郷を作る」と語ります。

静けさに包まれた建物の中で、ボーシヤはアグニ(青柳翔さん)に宣言します。「ここを第2の『ビーチ』とする!」と……。

それから時が経ち――ボーシヤは多くのカードを集めました。今や多くの人々がビーチに集まり、大音量で音楽を楽しんでいます。

そんな中、飲み過ぎで二日酔いになっているアリス(山崎賢人さん)を、ウサギ(土屋太鳳さん)が起こしにきました。

ボーシヤに気に入られているアリスは、武闘派の人々に目をつけられています。ウサギは、アリスに気を付けるよう忠告するのでした。

情報収集にビーチを回ったアリスとウサギは、郊外にはジャングルが広がっていることや、ゲーム会場は23区内にしかないことを知ります。

また、国外に逃げようとした人がレーザーに撃ち殺されたという話もありました。宇宙人が頭にチップを埋め込んだなんて噂まであります。

建物を出た2人は、別の道を行きました。ひとりになったアリスは10代であろう女性2人に話しかけますが、逃げられてしまいます。

スポンサーリンク

チシヤとクイナ

そのとき、銃声が響きました。武闘派の男たちが銃を持って建物に入っていったのを見て、アリスは彼らが去った後に残されたコンテナの中を見ます。

そこには、ビーチで暮らしていただろう水着姿の男女の死体がありました。腐臭に顔をしかめるアリスの前に、チシヤ(村上虹郎さん)が現れます。

「それが楽園の本当の姿」とチシヤは語ります。彼らは裏切り者として、武闘派連中に処分されたのです

チシヤとクイナ(朝比奈彩さん)は、アリスとウサギが気になっているようでした。特にチシヤは、アリスの考えを知りたがっています。

「君は、この絶望しかない世界でどう生きる?」そう聞かれたアリスは、ゲームマスターが誰なのかが知りたいと語りました。

そして、親友であるカルベ(町田啓太さん)チョータ(森永悠希さん)は殺されてしまいましたが、せめてウサギだけは元の世界に戻したいのだと……。

「俺の生きる意味はそれでいい」と言うアリスに、チシヤは「君の夢、かっこいいけど全然現実味がないよね」と鼻で笑いました。

アリスがNo.1になるなんて到底無理だと語るチシヤとクイナは「現状を一発で変える方法があるとしたらどうする?」とアリスに問いかけるのでした。

スポンサーリンク

歌舞伎町へ

ボーシヤがビザの期間を延長するためにゲームに挑むこととなり、ビーチは大騒ぎです。ボーシヤを見送るために、多くの人が出てきていました。

チシヤは、ボーシヤが武闘派を抑えるのは限界に近く、このままでは武闘派に占拠されると考えていました。

その前に全てのカードを盗み出して、ビーチを抜け出そうというのがチシヤの考えです。チシヤは、その計画にアリスとウサギを巻き込もうとしているのでした。

カリスマが築いた楽園は、もういつ崩れてもおかしくないのです。そんなタイミングで、ボーシヤはゲームのために歌舞伎町へと出かけました。

ボーシヤが最初に「ビーチ」を作り、そして挫折を味わった場所……歌舞伎町に降り立ったボーシヤの後ろには、何者かの影がありました

ボーシヤの死

建物の地下では、アン(三吉彩花さん)が死体を解剖していました。脳にICチップが埋め込まれているという噂の検証のためです。

やはり噂に過ぎなかったようで、死体の脳にはICチップなど見当たらず、アンは不満げな顔をしています。

そこにタッタ(渡辺佑太朗さん)が飛び込んできます。タッタは死体を見ないように気を付けながら、アンを呼び出しました。

その頃、チシヤとアリスも幹部会に呼び出されていました。部屋に入ると、中央にボーシヤの死体が横たわっていました

ゲームに失敗したという話でしたが、ボーシヤの胸は銃弾で貫かれていました。アンは、ゲームは銃を使うものだったのかといぶかしみます。

ミラ(仲里依紗さん)は「しばらくこのことは黙っていて」と、ビーチの人々にボーシヤの死を報せないように指示します

No.2であるクズリュウ(阿部力さん)は次のリーダーは自分だと言いますが、ニラギ(桜田通さん)はその意見に異を唱えます。

裏切り者の始末という汚れ役を担ってきた武闘派のトップであるアグニこそが、リーダーの座に就くべきだとニラギは主張しました。

ニラギは、ルールではなく民主主義で次のリーダーを決めようと話します。そして、アグニがリーダーになることの否決を取りました。

スポンサーリンク

次のリーダー

誰も手を挙げないため、ニラギはラスボス(栁俊太郎さん)を呼び出します。ラスボスはアンに刀を突きつけて、無理矢理に手を挙げさせました

ニラギは反抗したミラにも銃口を突きつけ、手を挙げさせました。身の危険を察したのか、クズリュウも手を挙げます

チシヤは散々ニラギを「バカ」とあおった後、両手を挙げました。ニラギは普段からチシヤをうとましく思っているようで、チシヤを脅します。

アリスもニラギとラスボスに脅され、手を挙げました。ミラの「ボーシヤはこんなこと許さない」という言葉を聞き、ニラギはボーシヤの死体を殴りつけます。

死んだボーシヤを痛めつけるニラギを止めたアグニは「今日から俺がビーチの新しい王だ」と宣言しました。ニラギは満足そうです。

そして、ビーチの人々がかき集めたトランプが収められている金庫の暗証番号が封印されている「黒の封筒」をアグニが開封しました

チシヤの計画

打つ手がなくなったはずのチシヤですが、なぜかうっすらと微笑んでいます。それは、金庫の番号に当てがあるからでした。

ウサギとクイナに見張りをさせ、アリスがロイヤルスイートルームに侵入し、トランシーバーでチシヤが金庫の番号をアリスに伝える――というのが計画です。

危険な計画にウサギは反対しますが、アリスは前向きでした。今のビーチには結束力がありません。人々が迷いを抱える今ならば……!

武闘派は、ビーチの同志たちにアグニが新しいリーダーになったことを伝えます。その演説の最中、人々がロビーに集合している時に計画が実行されました

アグニはビーチの人々に「俺のために生き、俺のために死ね」と言います。そんな演説の最中、アリスはクローゼットの中に金庫を発見しました。

チシヤは暗証番号が「8022」だと確信していました。それは、暗証番号を見たアグニが表情を曇らせていたからです。

黒い封筒は、封蝋で留められています。その封蝋は「BOSS」と書かれた指輪で押されて、鏡文字が刻まれています

チシヤは、封筒の中身は白紙だと考えたのです。それならば「BOSS」の鏡文字である「8022」が暗証番号だろうと言うのです。

アリスが8022と打つと、金庫はアラーム音を上げました。焦ったアリスは、トランシーバー越しにチシヤを呼びます。しかし返答はありません。

スポンサーリンク

捕らえられたアリス

そのとき、アリスの背後から武闘派連中がやってきました。アリスはニラギに蹴りつけられ、ウサギも捕らえられてしまいます。

チシヤは、アグニのためにアリスをハメたのだと言いながら、アグニの表情をそっと伺っていました

気を失ったアリスは「例の部屋」に連れていかれます。アリスは拘束され、目も耳を口も塞がれて、椅子に縛り付けられました

ビザ切れが明日に迫ったアリスを置き去りにして、ニラギたちはウサギとのお楽しみへと出かけていきました。

その頃、アンはボーシヤを解剖していました。ボーシヤの胸から、残された弾丸を取り出します。アンはボーシヤがゲームに敗れたことを疑っているのです。

そしてチシヤは、計画を続行していました。アリスとウサギを捕まえたことで、武闘派連中は2人を痛めつけることに夢中になっています。

その隙に、チシヤはロイヤルスイートルームに入っていました。あの騒動の時、チシヤはアグニの視線を追っていたのです

アグニは部屋にある一枚の絵を見つめていました。金庫そのものが隠されていると考えたチシヤは、アリスとウサギを餌にしたのでした。

チシヤが金庫からトランプを取り出している時、クイナの前をラスボスが通ります。怪しまれたクイナは、とりあえずラスボスにウインクをしました。

ラスボスはそういったことには疎いようで、おろおろと視線を泳がせると、慌ててクイナの前から去って行きました。

スポンサーリンク

自由を奪われたウサギ

その頃、ウサギはニラギに襲われていました。ニラギは部下たちにウサギの手足を押さえつけさせて、ウサギを襲います。

しかしウサギはただやられるだけではありませんでした。無理やりキスをしてきたニラギの舌に噛みついたのです。

ニラギは怒りに任せてウサギを殴りつけ、行為を始めようとしました。しかしその時、突然ビーチ全体が停電に陥ります

すぐに電気は点きましたが、振り返ったニラギは自らの顔を照らす光の先にある何かを見て、驚いた顔をしていました。

ゲーム

用が済んだチシヤとクイナがビーチを出て行こうとした時、2人は異変に気付きました。チシヤはロッカーキーをビーチの外に投げます。

すると、ロッカーキーはレーザーで撃ち抜かれました。そして、ビーチ全体がレーザーの網で覆われていきます。

ビーチでゲームが始まったのです。ニラギが見ていたのは、ゲーム開始を告げるテレビ画面でした。

ゲームの難易度は10、唯一見つかっていなかったカードです。ゲームの解説をするからと、人々はロビーに集められました。

ニラギたちを振り切ったウサギは、ロビーに駆けつけました。チシヤやクイナはもちろん、幹部たちも続々とロビーに集まります。

人々は、ある一点で輪になっていました。その輪の中心には胸を刺された女の子・モモカ(矢崎希菜さん)の死体が横たわっていました。

モモカと仲が良かったアサヒ(吉田美月喜さん)は、思わず声を上げて死体に駆け寄ります。しかし、モモカが死んでいるのは明らかでした

スマホが鳴って、今回のゲームが「まじょがり」だと告げました。ルールは「少女の命を奪った邪悪な魔女がみなさんの中に潜んでいます。魔女が、女性とは限りません」です。

クリア条件は「魔女を見つけ出し、裁きの炎で燃やせばクリア。制限時間2時間」でした。ビーチの中庭にはかがり火が設置され、大きな炎を上げています。

拘束されたままのアリスは、まだゲームの種類も難易度も、内容も何も知りません。アリスは誰もいない部屋の中で、ひとりもがくのでした。

スポンサーリンク

感想

Netflixドラマ『今際の国のアリス』シーズン1エピソード6は2020年12月10日に配信されました。

狙われたボーシヤ

「ビーチ」で権力を振るうボーシヤは、アグニが率いる武闘派から敵視され、何者かに命を狙われていたようです。

ボーシヤが挑んだ「げぇむ」が何だったのかは明かされていません。そのためか、長期間生き延びてきたボーシヤが死んだことを、アンは疑問視していました

銃が使われる「げぇむ」は、「鬼ごっこ」や「猛獣ハンター」などがありました。しかし、参加者を正面から弾丸一発で仕留めるとは……?

一番怪しいのはニラギですが、ニラギの性格から考えると、ボーシヤを撃つならヘッドショットでしょう。胸は無い。

チシヤの計画

遂に本性を出しましたね、チシヤ! 表情で何となく分かってたよ、チシヤ!! 只者ではない顔し過ぎだよ、チシヤ!!

集められたトランプが隠された場所を突き止めるためにアリスとウサギを利用したチシヤですが、個人的には嫌いになれないです。

チシヤはいち早く「ビーチ」の崩壊を察知し、それを利用する計画を立てていました。ここがいいんですよね……。

まあ、それでも「げぇむ」が始まることは予期できなかったわけで、まだまだ甘さが残っている――という部分も可愛いですよね!

ミヅチ
ミヅチ

ここから最終話まで「まじょがり」が続きます。幹部それぞれの過去が錯綜しながら収束していく様には大注目です!

※トップ画像はNetflixから引用いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました