更新:『明日』登場人物まとめ

Netflixドラマ『今際の国のアリス』シーズン1-3【ネタバレ感想】はあとのなな「かくれんぼ」

Netflixドラマ『今際の国のアリス』アイキャッチ
この記事は約10分で読めます。

ドラマ『今際の国のアリス』はNetflixにて2020年12月10日にシーズン1の全8話が独占配信されている作品です。

マンガ原作のデスゲームを、印象的な演技が持ち味の精鋭キャストや、最新VFXを用いたアクションシーンで鮮やかに実写化しています。

この記事ではNetflixオリジナルドラマ『今際の国のアリス』シーズン1エピソード3の「げぇむ」の説明、ネタバレ、感想と考察を行っています。

ミヅチ
ミヅチ

エピソード3では、アリスが親友カルベ、チョータと、シブキと共に「かくれんぼ」に挑みます。序盤の山場となるこの「げぇむ」……見逃せません!!

ここから先にはネタバレがあります!
スポンサーリンク

ネタバレまとめ

げぇむ

♥7「かくれんぼ」

種類:人の心をもてあそぶ『裏切りのゲーム』
難易度:★★★★★★★☆☆☆

るうる

参加者4人の内、1人が狼となり、3人が羊となる。そして狼に見つかった羊が、次の狼になる。

終了時点で狼だった1人だけが「くりあ」他の羊3人が装着している首輪は全て爆発する

プレイ中に判明する「るうる」

装着した首輪と繋がっているゴーグルにはアイトラッキング機能がついており、狼と一定時間目が合った羊は、次の狼になる

ゴーグルは外すことができない。また、マイクとヘッドフォンで他の参加者とやりとりができる

武器は大量に用意してあり、何を使っても構わない。

「げぇむ」の参加者

有栖良平/アリス:山崎賢人さん
苅部大吉/カルベ:町田啓太さん
勢川張太/チョータ:森永悠希さん
紫吹小織/シブキ:水崎綾女さん
スポンサーリンク

『今際の国のアリス』シーズン1エピソード3

鬼ごっこを終えて

やっと「鬼ごっこ」を終えたアリス(山崎賢人さん)ですが、「鬼」であった中年女性を殺したのは自分だと自責の念に駆られていました。

そんなアリスに、ウサギ(土屋太鳳さん)は「誰のせいでもない」と語ります。自分の中の「生き残りたい」という欲望に、ウサギ自身、疑問を感じていました。

部屋に残っていたチシヤ(村上虹郎さん)は、ゲームが終わって消灯された中で、死んだ「鬼」の持っていた紙を見つけました。

メモ帳にボールペンで描かれた図は、山手線を中心とした鉄道沿線のように見えました。チシヤはそれをじっと見つめるのでした。

生き残りたい

「生きるか死ぬか」を終えてから日数を数えていたシブキ(水崎綾女さん)は、今日でビザが切れることを知って、生き残ろうと強く思います。

シブキが部長と不倫関係になったのは、昇進するためでした。死んでしまっては、部長に評価を上げてもらい、プロジェクトリーダーにまでなった努力が水の泡です。

そこに、アリスとカルベ(町田啓太さん)が戻ってきました。チョータ(森永悠希さん)は、2人を嬉しそうに出迎えます。

カルベは、「鬼」が誰かと通信していたことを明かします。そして「ビーチ」という場所に行ってみようと提案するのでした

シブキは、大怪我しているチョータには無理だと話します。しかし、カルベは4人でゲームに挑み、ビザの期限を延ばして「ビーチ」に行く覚悟を決めていました。

「希望はまだ残ってんだ」とカルベはしっかりと未来を見据えています。しかし、アリスは迷っていました。人を殺してまで、生き残るべきなのかと……

シブキはアリスの異変に気付いて、話を聞きにきました。アリスは、まとまらない考えに迷いを覚えながらも「それでも生き残りたい」と打ち明けました。

スポンサーリンク

かくれんぼ

カルベは、手を出したバーの店長の女エミのことを想っていました。エミが生きていることを願いながら、渡そうとしていた指輪を手に取ります。

そのために遅れて集合したカルベに、チョータは「俺とシブキさんは、後がないんだぞ」と怒りをぶつけます。チョータの心は、シブキに傾いていました。

次のゲーム会場となったのは、新宿区立自然植物園でした。4人はセンサーの前で一度立ち止まり、覚悟を決めて会場へと入っていきます。

うっそうと生い茂る木々の中央に、開けた場所がありました。そこにはいつも通り「1人1台」のスマホと共に、別のものも置いてありました。

まず目についたのは、ナタや斧、のこぎりにペンチ、ハサミにカマと様々な道具です。机の上に34個並べられた道具には「ご自由にお使いください」と指示がありました

そしてもうひとつのテーブルには、見慣れない器具がありました。それを見たチョータは「なんか、すごいよ」と話すのでした。

4人がスマホを手に取ると、大型ディスプレイに「ようこそ ゆかいな植物園へ」と表示され、明るい音楽が流れ始めました。

スマホは「ゴーグルを装着して植物園へお進みください」と言いました。見慣れない器具は、頭に装着するゴーグルだったのです。

透明なゴーグル部分を目に当てると、首の部分にある輪が固定されました。ヘッドフォンも固定され、4人の個人情報が認識されます。

ゴーグルには、他の人と目が合うと赤く光るように、アイトラッキングが仕込まれていました。4人がゴーグルを装着し終えたところで、ゲームが発表されます。

「難易度の7」と言われたアリスとカルベは、ニトベの言葉を思い出します。は人の心をもてあそぶ「裏切りのゲーム」だとアリスは口にします。

そして、今まで経験したことのない「7」という難易度に、カルベは緊張します。そこでゲームの内容が発表されました。

今回のゲームは「かくれんぼ」でした。ルールは「一人が狼、三人が羊。狼に見つかった人が次の狼です。狼に見つからないように上手に隠れましょう」です。

クリア条件は「終了時、狼だった人のみクリア」でした。「15分後、羊の首輪は全て爆発します」と、制限時間を過ぎたら3人が死ぬことが発表されます。

アリスとシブキは、すぐにそれを理解しました。そして、最初に「狼」だと発表されたのはチョータでした。つまり、一番有利なのはチョータになったのです。

スポンサーリンク

裏切りのゲーム

チョータは、何とかして首輪を外そうとします。それを止めようとしたアリスをチョータが見つめると、アリスが「狼」になりました。

カルベに話しかけられたアリスは、カルベを見つめます。すると次は、カルベが「狼」になりました。そこで、目が合うと「狼」が移ることが判明します

シブキは、ゲームそのものが破綻していることに気付きました。そして、話し合う3人に「みんな!」と呼びかけます。

「狼」となったシブキは、一目散に逃げだしました。そう、隠れるべきは「羊」ではなく「狼」なのです。カルベもそれに気付き、シブキを追いかけました。

しかし、ここは植物園です。大きな木々が、狼になったシブキを覆い隠してしまいます。カルベは、すぐ近くにいるシブキを見つけることができませんでした。

チョータは杖をつきながら歩きますが、上手く歩けません。チョータは泣きながら、シブキに「一緒に攻略法を考えよう」と呼びかけました。

ゴーグルにはマイクも仕込まれていたようで、チョータの声はシブキに届きます。シブキは「ごめんね、ごめんね」と泣きながら逃げていました。

しかし足を取られて転んでしまい、カルベに見つかってしまいます。腕力の強いカルベに対抗しようとしたところ、シブキはカルベを見つめてしまいました

カルベとシブキの戦闘の場に、アリスが駆けつけました。そこで「狼」がカルベからアリスに替わります。それを知ったシブキは、カルベからナタを奪ってアリスを追いました。

スポンサーリンク

チョータは、ヘッドフォン越しに聞こえてくる戦闘の様子を聞いて、堪え切れなくなってしまいました。泣きながら、神に祈りを捧げます。

チョータの祈りを聞きながら、アリスは逃げ回っていました。走り回っていると、シブキとカルベに挟み撃ちにされてしまいました。

シブキは「生きる覚悟がある人間が生きなきゃ意味ないのよ!」と堕落した生活を送ってきたアリスを責めます。

シブキがアリスに向かってナタを振り上げた時、チョータがシブキに飛びかかりました。シブキを抑え込んだチョータは、アリスを逃がします。

シブキが落としたナタを握って、カルベがアリスを追いかけました。残されたシブキは、チョータに「ヤらせてやっただろ!」と怒りを爆発させます

残り時間はあと8分です。アリスはガラスの前で立ち止まり、隠し持っていた工具でゴーグルを外そうとし始めました。

そこにカルベの声が聞こえてきます。協力を促したアリスに、自分が助かりたいだけだと怒りをぶつけているのです。

首輪を外そうとする最中、アリスは爆死した「鬼」のことを思い出しました。そして、哭きながら「ごめん」とすすり泣くのでした。

そんなアリスに、カルベは「大学中退した時から謝るだけの人生かよ!」と怒鳴ります。そしてアリスは、弟が大学に合格した時のことを思い出しました。

順風満帆な弟の人生を見ないフリして、ゲームに打ち込んでいたアリス――カルベは「お前が負け組のままでいるんなら、狼の権利を俺にくれ!」と叫びます。

膝を抱えて泣いていたアリスの耳に、チョータの声が届きました。チョータは誰が生き残ってもいいと思いつつ「こんな終わり方だけは絶対やだよ!」と訴えます。

スポンサーリンク

親友として過ごしてきた日々が、たったひとつのゲームで崩されようとしているのです。それを聞いたカルベは、エミのことを思い出しました。

アリスとチョータのことばかり話しているカルベに、エミは「ホントは優しいよね」と微笑んだのです。そんなエミのことを、カルベは大切に想っていました。

アリスは、父から期待されていない自分を励ましてくれるカルベとチョータのことを、誰よりも大切に想っていたことを思い出します。

息苦しい家の中からアリスを救い出してくれたのは、カルベとチョータでした。3人はバカなことばかりしていましたが、その日々は笑顔に溢れていたのです。

制限時間は、あと3分です。アリスは「俺は、このゲームから降りる」と宣言しました。カルベとチョータを喪ったら、もう他に頼れる人がいないから、と……。

アリスは、カルベとチョータに呼びかけます。しかし2人共、何も答えません。アリスは仕方なく、2人を探すことにしました

シブキの口を押さえて、チョータは身を隠しましたカルベも、アリスに見つからないように身を隠します。アリスは植物園を走り回りました。

カルベが「うっせえよ」とつぶやきました。そして、アリスとチョータと共に過ごした時の思い出を語り出しました。

チョータもそれに乗ります。ヘッドフォン越しに聞こえる2人の会話に、アリスは戸惑っていました。なぜ、そんなに穏やかにおしゃべりしていられるのか……?

チョータがアリスを生かすために、自ら死のうとしていることを知り、シブキは衝撃を受けます。そんなシブキを、チョータはぎゅっと抱き締めました。

カルベは煙草に火をつけました。そして、制限時間があと10秒と迫る中、アリスに「ありがとな」と笑顔を見せます

残り5秒となり、カウントダウンが始まります。チョータとシブキは強く抱き締め合ったまま、カルベは手すりに腰かけて煙草をくゆらせたまま、爆死しました

アリスはカルベに駆け寄ったため、その返り血を浴びました。目の前の現実に耐えられず、アリスは声の限りに叫び続けます。親友の名を、何度も何度も呼び続けました。

スポンサーリンク

感想

Netflixドラマ『今際の国のアリス』シーズン1エピソード3は2020年12月10日に配信されました。

シブキが変えたもの

シブキの作戦によりチョータの心は変わったかのように思われましたが、重ねた日々に敵うものはありませんでした。

しかし、これは計算違いだったと思いますが、シブキ自身の心が変わってしまいます。チョータと部長が違うのだと分かってしまったことで……。

部長との枕営業で昇進したシブキは、男なんてそんなもんだと思っていたのかもしれません。しかし、チョータは「そんなもん」ではありませんでした。

チョータの辛い日々の中で、親友2人と過ごす時間だけが救いだったのです。だからこそ、救ってくれた親友にこそ生きて欲しいと考えました。

そんなチョータの行動を間近で見て、シブキの心は揺れ動きました。死を間近にして、幸せそうに笑うチョータに、今までの考え方をひっくり返されたのです

「かくれんぼ」

最悪の「裏切りのゲーム」である「かくれんぼ」を作ったゲームマスターの想定を外し、3人は「譲り合いのゲーム」を始めました

親友3人は、生き残る権利を譲り合います。奇しくもルール通り、「羊」が「狼」から身を隠すことになったのです

アリスはこうして、カルベとチョータ、そしてシブキの命を背負っていくことになりました。生き残るだけの理由ができたと言えます

死への恐怖に脅えていたアリスの前で、カルベは満足げに死を受け入れます。生死の基準がひっくり返る瞬間を、アリスは目の当たりにしました。

メインキャストが3話にして3人減るという衝撃の展開ですが、原作通りなので心配いりません。この先、怒涛の展開が待ち受けています!

ミヅチ
ミヅチ

カルベとアグニの共闘に喜んだ次の話で、カルベが退場しました……。格好良すぎる逝き方にキュンです!

※トップ画像はNetflixから引用いたしました。

ミヅチ

ホラー好きのネタバレブロガーです。ダークファンタジーもミステリも好きです。Netflixオリジナルドラマに首ったけです。

ミヅチをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました