更新:『明日』登場人物まとめ

Netflixドラマ『呪怨:呪いの家』全6話ネタバレまとめ&登場人物まとめ&考察

Netflixドラマ『呪怨:呪いの家』タイトル
この記事は約15分で読めます。
ミヅチ
ミヅチ

この記事は、Netflixオリジナルドラマ『呪怨:呪いの家』全6話のネタバレと考察、登場人物紹介です。

スポンサーリンク

呪怨:呪いの家 とは

『呪怨:呪いの家』は2020年7月3日からNetflixにて独占配信されている全6話のドラマ作品です。ちなみ佐伯伽椰子・俊雄母子は出てきません!

呪怨シリーズにおいて初めてのドラマ作品ということで、同年4月に配信が発表された際には大きな話題となりました。

これまでのシリーズ作品同様に実在の事件をベースに「足を踏み入れた者を呪う家」のエピソード0を描いています

1話30分前後という短さで全6話というお手頃さもおすすめで、一時は「梨泰院クラス」を抜いて日本2位にもランクインしました。

あらすじ

映画『呪怨』シリーズの基になった呪われた家は実在する――心霊研究家・小田島泰男は、タレント本庄はるかから心霊体験を聞きました。

はるかの婚約者・深沢哲也には霊能力があり、以前訪ねた「変な家」で視た包みを抱いた女の霊こそが心霊現象を起こしていると考えます。

同じ頃、近所の高校で「猫屋敷」と呼ばれている「変な家」に転校生・河合聖美が入っていきました。聖美はその家で人生を狂わせる出来事を体験します。

「変な家」の中で女の霊を目撃した聖美は、一緒に家に入った他校の男子・桂木雄大と共に逃げました。聖美の人生はここから大きく変わっていきます。

その数年後――小田島は「変な家」の住所を突き止めます。その家の住人たちは凄惨な事件に巻き込まれ、小田島は重要なことに気付いていきます。

スポンサーリンク

ネタバレ感想一覧

スポンサーリンク

登場人物まとめ

小田島泰男(荒川良々)

Netflixドラマ『呪怨:呪いの家』小田島泰男

引用元:『呪怨:呪いの家』予告編 – Netflix

心霊研究家。テレビ番組を通して、心霊体験をしたタレント本庄はるかと知り合い、その後、心霊現象の基となった女の霊がいる「変な家」を知る。

小田島は数年かけて「変な家」と関係する人と知り合う。心霊体験をしたはるか、霊能力がある深沢親子、「変な家」を知る連続殺人犯Mなど……。

「変な家」は小田島を誘い込むように少しずつきっかけを与えていく。そして小田島は「変な家」と自分の間にある繋がりを思い出す。

M(柄本時生)

Netflixドラマ『呪怨:呪いの家』M

引用元:『呪怨:呪いの家』予告編 – Netflix

オカルトマニアで犯罪マニアの連続幼女誘拐殺人犯。心霊研究家・小田島のファンでもあり、小田島に「変な家」の詳細を教える

Mは「変な家」で起きた43年前に起きた事件を始めとした恐ろしい出来事に対し、家そのものが力を持つと考えているようだ。

スポンサーリンク

本庄はるか(黒島結菜)

Netflixドラマ『呪怨:呪いの家』本庄はるか

引用元:『呪怨:呪いの家』予告編 – Netflix

心霊体験をしたタレント。番組で心霊研究家・小田島と出会い、家に現れた霊の足音や声を録音した。

霊能力を持つ婚約者・深沢哲也は女の霊の姿を見ていた。しかし一緒に住んでいたはるかは霊の姿を見ることはなかった

数年後、哲也の母・道子の力を借りてはるかは「変な家」へと辿り着く。しかしそこで待っていたのは、思いもよらない呪いの真実だった……。

深沢哲也(井之脇海)

Netflixドラマ『呪怨:呪いの家』深沢哲也

引用元:『呪怨:呪いの家』予告編 – Netflix

タレント・本庄はるかの婚約者。霊を視る力を持っており、ある目的で「変な家」に立ち入った際に女の霊を目撃してしまう。

女の霊は哲也を追うように、はるかと同棲している部屋へと姿を現す。そこで哲也は、女の霊が包みを抱いていることを知る。

深沢道子(仙道敦子)

Netflixドラマ『呪怨:呪いの家』深沢道子

引用元:『呪怨:呪いの家』予告編 – Netflix

哲也の母。哲也よりも霊能力は強いが、霊を祓うほどの力は持たない。女の霊が危険な霊であることをいち早く察知する。

哲也亡き後も慕ってくれる哲也の婚約者・はるかに頼まれて「変な家」へと向かうこととなる。そこで道子が知った呪いの真実とは……?

スポンサーリンク

河合聖美(里々佳)

Netflixドラマ『呪怨:呪いの家』河合聖美

引用元:『呪怨:呪いの家』予告編 – Netflix

「変な家」の近隣に引っ越してきた女子高生。目立つ容姿のせいで柄の悪い同級生に目を付けられ「猫屋敷」と呼ばれる「変な家」へと誘われる。

「変な家」の中で悪意に晒された聖美は強いショックを受ける。その直後、聖美は猫の声に誘われるようにして女の霊と遭遇する。

聖美は霊を視た後、人が変わったように過激な行動に出る。全てを捨てて新しい人生を始めた聖美だったが……。

桂木雄大(長村航希)

Netflixドラマ『呪怨:呪いの家』桂木雄大

引用元:『呪怨:呪いの家』予告編 – Netflix

聖美の転校先の近隣校に通う男子高校生。彼女・芳恵に誘われて「猫屋敷」と呼ばれる「変な家」に入り、聖美を襲った

破滅的な美女・聖美に魅入られたことをきっかけに、その人生を大きく狂わせていく。女の霊を視てはいないが……?

有安君江(倉科カナ)

Netflixドラマ『呪怨:呪いの家』有安君江

引用元:『呪怨:呪いの家』予告編 – Netflix

聖美の子・俊樹の担当となった児童相談所の職員。偽名を名乗って生きる聖美の正体や、雄大のDVに気付いて動き出す

心霊研究家・小田島やタレント・はるかとも知り合うが、2人とは違って聖美と俊樹の保護のためだけに動いている。

ここから先はネタバレがあります!

スポンサーリンク

呪怨:呪いの家 時系列まとめ

1952年

砂田家

父(大家)
息子・洋

砂田洋
ブリーフ一丁で敷地内を歩き回る異常者。
ある女を屋根裏に監禁し、その女に殺害される。


洋に監禁されている際に妊娠し、洋を殺害したのちに出産する。
出産後に死亡。


女の子ども。
出産されているはずなのだが、その姿はどこにもない。

スポンサーリンク

1960年

小田島家

父・耕吉
娘・一葉(8歳)
息子・泰男(5歳)

小田島一葉
開いていた屋根裏に入り、8年前の出産直後の女と出会う。
その際「お母さん」と発言。
行方不明となる。

小田島泰男
姉・一葉と共に屋根裏に入り、8年前の出産直後の女と出会う。
「お母さん」と言う一葉に「お母さんじゃない」と言って屋根裏から押入れに逃げる。
押入れにいる際に、女から包みを渡され「一緒に埋めて」と頼まれる。
リビングで包みが赤ん坊の霊であることに気付き、床に落とす。
真っ黒な影がリビングの窓を叩き割り、赤ん坊の霊を奪い去る様子を目撃する。
父・耕吉が家の前の道に出て絶叫し、消えてしまう様子を目撃する。

小田島耕吉
リビングの窓が割られていることに気付いたのち、脅える泰男を慰める。
家の前の道に出て絶叫し、一瞬で消える。

スポンサーリンク

1988年

空き家

深沢哲也
本庄はるかと結婚したのちに暮らす家を探す中で、内見に入る。
子どもが走る足音と、女の霊を目撃する。
その後、自宅で女の霊から包みを差し出される。
年内に死亡。

河合聖美
クラスメイトの芳恵と真衣、他校の男子・桂木雄大とともに不法侵入。
雄大に犯されたのち、押入れに上り、屋根裏の女の霊から包みを差し出される。

桂木雄大
不法侵入し、聖美を犯す。
猫の声も子どもの足音も女の霊も、何一つ感じ取っていない。

真衣
不法侵入し、猫の声を聞く。
家の中にいる間に行方不明となる。

芳恵
不法侵入し、雄大に聖美を犯させる。
行方不明になった真衣をディスコで見つけ、共に姿を消す。

スポンサーリンク

1995年

灰田家

夫・信彦
妻・景子

灰田信彦
高校時代の彼女・真崎千枝と再会し不倫。
千枝の妊娠をきっかけに、妻・景子を殺害することを計画。
景子を殺害後、2階から首を吊って自殺。

灰田景子
夫・信彦にリビングで刺殺される。

真崎千枝
信彦の高校時代の彼女であり、不倫相手。
信彦の子を妊娠したことで、夫・圭一を殺すことを決意。
圭一を毒殺し損ね、包丁で刺すが、反撃され首を掻き切られ死亡。

真崎圭一
妻・千枝が不倫し、信彦の子を妊娠していることを知っている。
妊婦の千枝を気遣い続けたが、タガが外れて千枝を殺害。
千枝の腹を裂き胎児を取り出し、灰田家に向かう。
灰田家に死んだ胎児を埋め、カップラーメンを食べて帰宅。
千枝の腹に電話機が詰め込まれているのを見て恐怖する。
電話が鳴る音に悩まされ、千枝の霊を見た末に、胎児の霊に殺される。

河合聖美(重松久美)
女の霊から渡された包みこそが息子・俊樹であると語る。
雄大を殺害したのち、再び不法侵入。
芳恵と真衣の霊に連れられ家の奥に進み、姿を消す。

重松俊樹
聖美と雄大の息子。
雄大の激しいDVにより、1年前に植物状態となる。
雄大に命の危機が迫ると生霊になって現れ「逃げて」と警告する。

桂木雄大(小林勝次)
聖美に薬物を注射され、体の自由がきかない中、風呂に沈められ溺死。

スポンサーリンク

1997年

諸角家

夫・勇作
妻・智子

諸角勇作
はじめは家の呪いを拒絶して、小田島泰男を追い出す。
その夜に、妻・智子が血塗れの真崎圭一をもてなす姿を見る。
圭一を追う中で、2階からぶら下がる灰田信彦の首吊り死体を目撃。
呪いを実感し、小田島と深沢道子、本庄はるかを招き入れる。
霊と対峙する中で智子が緊急搬送されたため、家の外へ。
小田島の父・耕吉と同じく、絶叫したのちに一瞬で消える。

諸角智子
引っ越したその夜、1988年放送の番組がテレビで流れる。
胎児を埋めた直後の真崎圭一を家の中に招き入れる。
圭一にカップラーメンを食べさせ、雑談を交わす。
圭一が去った後、リビングで血塗れの灰田景子の死体を目撃。
はるかと共に寝室にいる際、包丁を持った砂田洋に襲われる。
発作を起こしてしまったため、緊急搬送される。

深沢道子
諸角家の屋根裏に入り、女の霊との会話を試みる。
女が「一緒に埋めて」と言うため、その詳細を問う。
小田島の姉・一葉が忍び込んだ際の様子を見て、絶叫する。
亡くなったのち、悪霊と化す。

本庄はるか
寝室で砂田洋が智子を襲おうとしたため抵抗する。
45年前に砂田が女に襲いかかるも反撃され、殺される姿を見る。
そののち勇作が消えるところを目撃する。
道子亡きあと、霊障を録音したカセットテープを諸角家の庭に埋める。
赤ん坊の泣き声に足止めされたところを、砂田に襲われる。

スポンサーリンク

呪怨:呪いの家 全話考察

「家」の能力

①異なる時代の出来事を見せる

はるかが43年前、女が砂田を殺害した現場を見る。

2階に上った小田島が、昔その部屋に置かれていたものを見る。

屋根裏に上った道子が、35年前に一葉が女と出会った現場を見る。

②異なる時代の出来事を追体験させる

小田島少年が女から赤ん坊を渡される様子を、聖美が小田島少年の視点から見る。

③異なる時代の人物を接触させる

智子に襲いかかる砂田と、砂田に抵抗して跳ね返されるはるか。

千枝殺害後に灰田家を訪れた圭一を、智子が家に上げて夜食をふるまう。

43年前の女から子を託された35年前の小田島少年。

35年前の小田島少年がいる小田島家のリビングの窓を割った聖美。

スポンサーリンク

女の霊の正体

「家」に憑く女の霊=屋根裏に監禁された女=本庄はるか

6話の最後のシーンで砂田洋がはるかに襲いかかりました。

砂田は直接人間に触ることができる厄介なタイプの霊ですが、違う時代の人間に対して直接危害を加えることはできませんでした。

砂田は諸角智子に馬乗りになったが、刃物を振り上げる時には1952年に戻った。

そんな砂田がはるかに襲いかかることができるのは、はるかが1952年に存在している(するべき)人間だからだと考えられます。

スポンサーリンク

女が包みを差し出した相手

女が直接「一緒に埋めて」と包みを渡したのは、5歳の小田島泰男です。

その証拠に小田島少年は包みをしっかり受け取り、それが赤ん坊であることを確認しています。

女子高生時代の河合聖美も包みを渡される体験をしていますが、それは小田島少年が経験したことを追体験したものだと考えられます。

「家」の能力②異なる時代の出来事を追体験させる を参照。

小田島少年に拒絶された赤ん坊は行き場を失い、ちょうど子を宿すタイミングだった聖美の体に入り、俊樹となって生まれてきます

スポンサーリンク

真っ黒な女の正体

俊樹が描いた真っ黒な女=5歳の小田島が見た真っ黒な女=河合聖美

雄大を殺害したのちに家を訪れた聖美は、落ちていた太い枝でリビングの窓を叩き割りました。

それを家の中から見ていたのは5歳の小田島泰男です。小田島少年の足元には女が産み落とした赤ん坊の包みがありました。

小田島少年はこのとき、聖美の姿を真っ黒なシルエットに目だけが浮かぶ異形として見ていました。

1995年の聖美はリビングに入ったのち、芳恵と真衣に連れられて消えてしまいました。しかし家の記憶はそうなってはいません。

女は小田島少年に我が子を託しましたが、赤ん坊自身が聖美の子となることを選びました

結果的に、女にとって聖美は我が子を奪った許されざる存在となったのでした。

俊樹が「聖美=真っ黒な女」だと分かっているのは、このとき現場にいた赤ん坊こそが俊樹だからです。

スポンサーリンク

砂田が女を殺した理由

砂田は、監禁していた女が臨月を迎えると、女に刃物を振り上げました。

監禁したとはいえ、屋根裏に家具を一式揃えてあげるほど女に気を遣っていた砂田が、なぜいきなり態度を変えたのでしょうか?

同居する女性に優しく接していた男が豹変する事例は、もう1つありました。

真崎圭一は妻・千枝が灰田信彦の子をもうすぐ産もうという時、千枝から心を許した相手は信彦だと知らされたことで豹変しました。

しかし、夫を殺してしまおうと考えるなら、わざわざ身動きが取り難くなる臨月まで待つ必要はないのです。

しかしこれが43年前に「家」で起きたことの再現だとするならば、わざわざこの時期まで待ったことに理由や意味が生まれます。

女は砂田ではない男の子どもを宿していたのではないでしょうか?

スポンサーリンク

女が産んだ子の父親

砂田が、敷地内とはいえブリーフ一丁でうろつく変質者であったため、監禁され妊娠した女は凌辱されたものだと考えられていました。

しかし、聖美が芳恵たちの悪意にさらされ雄大に犯されていた様子はしっかりと描写しているのに、女と砂田の行為は描かれていません

砂田と女の間に体の関係はあったのでしょうか?

聖美の証言と小田島少年の記憶によれば、俊樹は女から渡された・奪われた子であるため、俊樹が父親を推測する鍵になると思われます。

俊樹は植物状態になった後、生霊となって雄大の前に現れて警告を繰り返すようになります。

同じような行動を取っているのは、心霊体験の末に命を落とし、霊となって道子の前に現れて警告する哲也です。

女の霊が哲也の前にばかり現れるのも、赤ん坊が入っている包みを差し出してくるのも、はるかが「あなたの子です」と伝えるためかもしれません。

スポンサーリンク

深沢哲也と母・道子が視たもの

哲也の死に顔は恐怖に満ちていました

哲也が死ぬシーンは描かれていませんが、出産前の女と会ってしまったのだとしたら、女の霊にはるかの面影があったのかもしれません。

哲也にも霊能力がある以上、はるかがこれから何をしようとしているのか、分かってしまったのかもしれませんね……。

「家」の屋根裏に入った後で道子が正気を失った理由もはるかなのでしょうか?

屋根裏に入った一葉の発した「お母さん」という言葉は、はるかが一葉の口を通して道子に呼びかけた「お義母さん」だったのでは……?

道子はその瞬間、はるかが監禁された女であること、女の霊となっていつか哲也を殺すこと、そして何をしても意味がないことを理解したのでしょう。

6話の最後ではるかがカセットテープを埋めにきたところを笑うのも、そこに砂田が現れて全ての始まりとなることを予期していたからだと思われます。

スポンサーリンク

「一緒に埋めて」の真相

道子が「誰と?」と聞いたときに、35年前の屋根裏と時間が重なり、一葉は「お母さん」という言葉を発しました。

これが女=はるかからの返事だとするならば、産んだ子と一緒に埋めてほしい相手は、お母さん=道子と考えるのが妥当でしょう。

赤ん坊は哲也の子であるため、その母である道子と共に、深沢家の墓に納められるべきだとはるかは考えたのだと思います。

呪いの行方

はるかが砂田に捕らえられることで、女の霊とはるかがイコールであると判明したと共に、呪いのループが繋がりました

――となれば呪いはこれで終わるのか? と考えてしまいますが、呪いが終わるならば小田島が生きている理由が分からなくなります。

ここで思い出されるのは作品のタイトルが「呪いの家」であることです。

そもそも砂田とはるかが出会わなければ始まらなかった呪いのループは、家に時間軸を狂わせる力があったために始まってしまったのです。

この「家」は惨劇を起こす素養のある人を呼び寄せては、その事件を発端として呪いを発生させ、周囲の人々を巻き込んでいくのです。

スポンサーリンク

「家」の呪いは伽椰子と俊雄へ……

『呪怨:呪いの家』で最初に「家」が選んだのは、大家の息子・砂田洋だったのだと考えられます。

どうやら「家」は「母子と狂った男」という組み合わせが好みのようで、佐伯伽椰子・俊雄と剛雄はもちろんのこと、今作も同様の関係性が出てきます。

母子と狂った男

女(はるか)・赤ん坊と砂田洋

河合聖美・重松俊樹と桂木雄大

真崎千枝・胎児と真崎圭一

小田島が無事である理由を考えてみましたが、それは小田島より立ち入った回数の多い不動産屋と同様「家」に生かされているからでしょう。

「家」は取り壊されること、呪いの結果が世に知られないこと、呪いに興味を持つ人がいなくなることを拒んでいるようです。

こうして『呪怨:呪いの家』は作品そのものが「家」を世に知らしめる存在となったのでした――。

劇中にTV番組などで取り扱われた事件

女子高生コンクリート詰め殺人事件

松本サリン事件

地下鉄サリン事件

登場人物が関わった事件の元ネタ

砂田と女:新潟少女監禁事件

一葉:加茂前ゆきちゃん失踪事件

芳恵・真衣:新宿歌舞伎町ディスコナンパ殺傷事件

真崎家:名古屋妊婦切り裂き殺人事件

聖美:東電OL殺人事件

M:東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件、神戸連続児童殺傷事件

※トップ画像はNetflixから引用いたしました。

ミヅチ

ホラー好きのネタバレブロガーです。ダークファンタジーもミステリも好きです。Netflixオリジナルドラマに首ったけです。

ミヅチをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました