更新:『再婚ゲーム』5話

Netflixドラマ『再婚ゲーム』エピソード2ネタバレ感想

Netflixドラマ『再婚ゲーム』タイトル
この記事は約13分で読めます。
ミヅチ
ミヅチ

こちらにはNetflixで独占配信中の韓国ドラマ『再婚ゲーム』エピソード2のネタバレと感想があります。

スポンサーリンク

主な登場人物・キャスト

ソ・ヘスン(キム・ヒソン)
イ・ヒョンジュ(イ・ヒョヌク)

チン・ユヒ(チョン・ユジン)
チャ・ソクジン(パク・フン)
チェ・ユソン(チャ・ジヨン)

ここから先はネタバレがあります!

スポンサーリンク

あらすじ

自殺した夫カン・ナムシクの葬儀の直前、残された妻ソ・ヘスンは夫がひとりの女チン・ユヒに騙されたことを知ります。

そのユヒと再会した場所は超富裕層向けの結婚相談所レックスでした。夫を死に追いやったユヒが、伴侶探しをしていたのです。

レックスを退会しようと考えていたヘスンでしたが、ユヒへの復讐のため会員でい続けることにします。

悩んだヘスンは、レックス代表のチェ・ユソンに相談します。チェ代表は「恐れられる存在になれ」と語りました

チェ代表は大金持ちのチャ会長の愛人です。その妻亡き後は妻として振る舞っていますが、チャ会長の息子ソクジンからは煙たがられています。

次期大統領候補といわれるソン・ピルヨンには、信頼する女性秘書官コ・エランがいます。その娘ミジンも実の娘のように可愛がっています。

エランは次期政権で開発禁止区域を解放する代わりに、娘ミジンをブラック会員と結婚させるようチェ代表に迫ります。

その一方で、ユヒは自身がソン氏の婚外子であると告白します。チェ代表は仮面パーティーを開き、ふたりともにチャンスを与えることにしました。

エランとその娘ミジンは、ソン氏への復讐を企んでいます。ユヒにも、何か隠された企みがあるようです。

様々な思惑がうごめく中、仮面パーティーが始まりました。スーパーブラックであるイ・ヒョンジュも“ゼウス”と名乗り参加します。

スポンサーリンク

ミヅチガタリ

やっぱりナムシクの行動をかばう気になれません……。ユヒと再婚したら娘ミンジとは結局離れることになりますし。

むしろ、計算高い女に騙されて色欲に溺れた結果、命を含めて全てを失ったみっともない男にしか見えないです。

それはそうと、ユヒがヘスンにとっての復讐の対象だということは納得です。家族全員の人生を狂わされたわけですからね。

チェ代表はヘスンへの助言として「恐れられる存在になることです」と言っていました。

高給取りの弁護士ユヒにとって、確たる証拠もなく悪行をつついてくるヘスンは“恐れられる存在”になれるのでしょうか?

新たな人物ソン氏は、秘書官エランとその娘ミジンからは復讐を企まれ、婚外子ユヒからもよくは思われていないようです。

チャ会長は広大な土地を持ち、ソン氏は権力を持ち、ヒョンジュは金を持っています。三者三様のお金持ちが揃いましたね

ヘスンもユヒもミジンも積極的に婚活をしているのですが、真剣ではありません。頭の中は別のことでいっぱいのようです。

そんな女たちに狙われているヒョンジュ……誰を選んだとしても、幸せな結婚生活を送れなさそうですよね。

そんな中、チャ会長の息子ソクジンと愛人チェ代表の戦いが始まったようです。こちらも楽しみですね!

詳細なネタバレはこの下です!

スポンサーリンク

再婚ゲーム エピソード1

奪われた女

故人に安らかな眠りを

花で彩られた祭壇の中央には、微笑みを浮かべたカン・ナムシクの遺影がありました。ナムシクの娘ミンジは涙に暮れています。

ナムシクの妻ソ・ヘスンは、灯りのない小部屋で遺書を見つめていました。ナムシクが自殺の直前、走り書きで遺したものです。

君を守れずすまない。私たちのミンジをよろしく頼む。

ヘスンの夫ナムシクは多額の賄賂を受け取り、その上会社の女性社員チン・ユヒに関係を迫った非道な人物とされていました。

しかし、ユヒはナムシクと愛人関係にありました。ナムシクの恋愛感情を利用して大金を得た後に、用済みのナムシクを捨てたのです。

その事実を知った後に、ふたりの女は偶然に再会しました。超富裕層向けの結婚相談所レックスにて――。

ヘスンは「チン・ユヒ」という呼びかけに驚いて壺を落としてしまいます。ヘスンが動揺している隙に、ユヒはその場を立ち去りました。

担当コンシェルジュと別室に移ったヘスンは、退会すると言い出すことも忘れてユヒのことを考えていました。

スポンサーリンク

ヘスンとユヒ

「あの人は薄汚いレイプ魔よ」

「チン・ユヒにハメられた。自分の不正を隠蔽するために僕を利用した」

夫ナムシクが言っていることが正しいとすれば、ユヒは金のために平然と男を陥れるとんでもない女です。

ヘスンは担当コンシェルジュからユヒの情報を聞き出そうとしますが、やんわりと話を逸らされてしまいました。

「ブラック会員は資産1000億ウォン以上、シークレット会員は500億から1000億――マッチングは難しいでしょう」

担当コンシェルジュは、プラチナ会員のヘスンとマッチングできるのは、資産100億ウォン以下のプラチナ会員だと話します。

ヘスンは、ユヒが高いお金を払って上位の会員になっていることを悟ります。亡き夫ナムシクの命と引き換えの金で……。

「ソ・ヘスンさん、しつこく根に持つタイプね。私を探ってるの?」

玄関を出たヘスンを待っていたのはユヒでした。ユヒは夫を亡くしたばかりで結婚相談所に登録したヘスンを嘲笑います。

ヘスンは、夫の過ちは既に許しているとはっきり告げます。そして、罪を償うこともなく伴侶探しをするユヒを挑発しました。

「私を挑発したら痛い目を見る。これは警告よ」

スポンサーリンク

ユヒの焦り

ユヒは思い出します。ユヒから愛されているのだと信じて不正に手を貸したナムシクですが、ユヒの裏切りを知って怒っていました。

ユヒからレイプ魔だと告発されたことでナムシクは立場を失います。しかし、まさか自殺を図るとは……ユヒにも想定外でした。

ユヒは、ナムシクの妻ヘスンが結婚相談所レックスに過去の悪行についてタレコミをしたのではないかと焦ります。

ユヒの担当である若いコンシェルジュは、ヘスンの担当コンシェルジュと相談して何も知らないことにすると決めます。

ヘスンは、女友達ハ・ヨンソを呼んでビールを飲んでいました。事情を知っているヨンソは、結婚相談所にユヒがいたと聞いて呆れます。

しかし、ヘスンにできることは嫌味を言うことくらいです。レックスは一流の結婚相談所……真実では動かせないと分かっているのです。

ベンチャー企業「ハイブル」社長のイ・ヒョンジュはというと、悪友たちと霜降り牛を楽しんでいました。

近い業界で活躍している友人から呼び出されたヒョンジュは、アメリカの大手企業を買収しようと持ちかけられます。

どんなに手を広げても、いずれは中国企業と戦うことになる――そう考えていたヒョンジュは、友人の誘いを前向きに検討するのでした。

スポンサーリンク

チェ代表とチャ家

ヘスンは大家から家賃の値上げを一方的に宣告され、悩んでいました。その時ふと、ヘスンはユヒのSNSアカウントを見ます。

ユヒは金持ちの生活をアピールするキラキラアカウントでした。それと同じ頃、ユヒもヘスンのアカウントを見ていました。

ヘスンの上げている写真は、塾の生徒たちと笑顔で写ったものや、娘ミンジとのツーショットなど温かさを感じるものでした。

ヘスンの古い知り合いであるチャ・ソクジンは、寝たきりの母を見舞いに行きます。

母は、父から激しい暴力を振るわれていました。しかし息子を守るために、体を張って暴力を受け止め続けたのです。

その母が存命の頃から、父は愛人を作っていました。その愛人とは、結婚相談所レックスの代表チェ・ユソンです。

父は母の葬儀にすら顔を出さず、代わりに愛人のチェ代表を寄越しました。ソクジンは怒りを噛み殺して静かに応対します。

「ソクジンは? 会いたいと伝えたか?」

「もちろん。でも忙しそうでした」

チェ代表は、父から息子への伝言を握り潰しました。父子が不仲でい続けることを望んでいるのです。

スポンサーリンク

ユヒはハズレ

結婚相談所レックスでは、スーパーブラックであるイ・ヒョンジュの再婚相手の候補を5人に絞っていました。

ユヒの担当コンシェルジュは、候補の中にユヒを紛れ込ませました。しかし、他の候補は大臣の娘やアナウンサーなど一流です。

「シークレット会員、両親は離婚。母親はベーカリーを経営――手を尽くして探したのね」

チェ代表は嫌味をぶつけると、会議を切り上げました。その頃、玄関にはヘスンがやってきていました。

壊した壺の代金の足しにしてほしいと封筒を差し出しつつ、ヘスンは担当替えを頼みました。

「担当をキム・ジソンさんに変更したくて……」

ユヒの対応をしていたジソンの名札を確認していたヘスンは、思い切って担当から情報を得ようと考えたのです。

担当替えを断られたヘスンでしたが、ある広告を見つけます。チェ代表が講演を行うとのことでした。

「推したのですが、難しいと思います。代表は富裕層から選ぶんです」

ユヒは狙っていたヒョンジュとの縁談が成立しないと聞きがっかりします。しかし、ヘスンが動き出したと知り表情を変えました。

チェ代表と直接話したいと担当ジソンに頼むユヒでしたが、チェ代表と会えるのはブラック会員だけだと言われてしまいます。

スポンサーリンク

信用

「“人生は選択の連続である”よく聞く言葉ですよね。結婚も選択なのです。結果はいつも選択から生まれます。成功も失敗もです」

チェ代表の講演には、結婚に真剣に向き合う女性たちが集まっていました。離婚は失敗ではなく新しい機会だとチェ代表は説きます。

愛なのか、条件なのか――チェ代表は、愛は条件を満たした相手にこそ向けるべきものだと語ります。

講演を終えたチェ代表は、ヘスンを見つけて優しく話しかけました。ヘスンは思い切って、チェ代表に切り出します。

「チェ代表、おとしめたい相手がいます。殺したいほど憎いんです。どうすれば?」

突然に結婚とは全く関係ないことを言い出したヘスンに驚くこともなく、チェ代表は冷静に答えます。

「恐れられる存在になるのです。あなたの願望と欲を愛するのです。ではまた」

チェ代表が話し終えて立ち去ろうとした時、ユヒが現れました。ユヒもチェ代表に話しかけますが、時間がないと断られます。

ユヒが現れた瞬間のヘスンの変化を、チェ代表はしっかりと見ていました。その上で、ユヒの提案を断ったのです。

「衝突は避けましょう」

ユヒは、ナムシクの悪事をヘスンの勤務先に伝えない代わりにと、レックスへ過去の悪事を告発しないよう持ちかけます。

しかしヘスンはユヒのことを信用するつもりなど、さらさらありません。敵意むき出しのヘスンに、ユヒも応えます。

スポンサーリンク

コ・エラン

チェ代表は、ユヒが脅えたようにヘスンを見つめた眼差しと、ヘスンの怒りに燃えた目つきを思い出していました。

次期大統領候補である元国会議員ソン・ピルヨンの出版記念イベントが開かれ、与党の大物議員が集まってきました。

チャ会長の妻としてソン氏のイベントを訪れたチェ代表は、こっそりと大金を渡しつつ涼しい顔をしています。

娘の結婚に悩む議員に、チェ代表はとにかく見た目を磨くよう勧めます。病院に通い運動をして、学歴は婚姻後に高めればいいと……。

相談に乗ってもらえた議員は、コ・エラン民情秘書官のことをチェ代表に教えます。ソン氏の右腕と目される女性です。

エランは50代くらいの女性でした。そのくらいの年齢ならば、結婚に適した年齢の子どもがいるはずです。

「あなたは、犯罪者が飛び降りる時、震えると思う?」

ナムシクは性犯罪者だと言い切ったユヒに対し、ヘスンはそう切り返してきました。ユヒは大きなショックを受けます。

自らの手でナムシクを自殺に追い込んだと思いたくないユヒは、考えを振り切るようにテレビの電源を入れます。

そこには、妻の看病があるから政界には戻れないと語るソン氏の微笑みが映っているのでした。

スポンサーリンク

母娘の企み

「ただの復讐じゃだめ。それ以上のものを」

「だからあなたはブラック会員と結婚して。私は政治で、あなたは資産で力を得る。サンゴングループを取り戻す」

エランとその娘ミジンは、テレビに映るソン氏の姿を見ながら恐ろしい会話を交わしていました。

ソン氏の妻からも信頼を得るほど誠実に働いてきたエランでしたが、その裏ではミジンと結託して復讐を企んでいたのです。

しかし、エランは母一人でミジンを育ててきたため、両親が揃っている会員よりも不利な立場にあるのでした。

帰宅したチェ代表は、チャ会長の世話をしていました。そこにチャ会長の息子ソクジンがやってきます。

体が不自由な父を想ってか、寝たきりの母が亡くなったからか、ソクジンはチャ会長と同居すると言い出します。

チェ代表はやんわりと同居に反対するのですが、ソクジンは聞く耳を持たず、チャ会長も大喜びするのでした。

「呼んだ理由はお分かり?」

エランがチェ代表を開発制限区域に呼び出したのは、政権移行と共に開発できるようになる広大な土地を譲るためでした。

ソン氏が娘のように可愛がっているミジンに有利な条件で縁談を進めてもらえるよう、エラン自ら動いたのです。

スポンサーリンク

強気なヘスン

ヘスンはその働きや生徒からの人気を認められ、次の学期から特任教授になると上司から伝えられます。

上司は、企業支援のプロジェクトを担当してほしいとも言ってきました。そこに現れたのはユヒでした。

ヘスンが大学で実績を持っていることを調べ上げたユヒは、チーム長である自分の立場を利用したのです。

「手当なく解雇され泣き寝入りしたと聞いた。まともに暮らせてる? 親切心を曲解しないで」

ユヒが何を言おうと、ヘスンが信用するはずありません。ヘスンはあくまでユヒと戦うつもりでいました。

「自分が主導権を握ってると? 間違いよ。私があなたの人生を変える」

ユヒは、ヘスンの家計が苦しいことまで調べていました。ヘスンは頑なな態度を取りましたが、一方で金銭的な苦しみに喘いでいました。

大学構内を歩いていたソクジンは、深い溜息をついているヘスンを見かけて胸を痛めるのでした。

スポンサーリンク

選択肢

チェ代表は甲斐甲斐しくチャ会長の世話をしながら、さりげなくチャ会長が持っている土地の話を始めます。

開発ができない土地を遊ばせるしかないチャ会長は、子や孫の代まで待たなければいけないだろうと諦め半分でした。

「開発に関わる会社の株を半分くださいね。あの土地を開発すれば相当な利益が出る。私に半分くれても、息子にも十分残ります」

規制を緩和させるために働く代わりにと、チェ代表は大金を要求しました。エランのことは隠して……。

出社したチェ代表のもとに、ユヒが現れます。ユヒが渡した写真は、ソン氏と若い女性、その腕に抱かれた赤ちゃんのものでした。

「ブラック会員と結婚を」

ユヒは、ソン氏の婚外子であると名乗りました。写真はその証拠となるものです。使い道はチェ代表に任せて、ユヒは立ち去ります。

土地開発の要となるミジンを取るか、特定の人物を攻撃できる“剣”を渡してきたユヒを取るか……。

チェ代表は5名の候補者のことはなかったことにして、パーティーを開くことにしました。

「20名の高ランク男性会員と、例の5人を含む20名の有望な女性会員。全員、機会は平等。相手を自由に選べる」

しかし、ブラック会員は身元を隠したがるものです。そこでチェ代表は仮面パーティーにすると言い出しました。

スポンサーリンク

腹の探り合い

ユヒの担当ジソンは喜んでユヒに連絡します。ユヒはヘスンがまた現れるのではと焦りますが、担当は有り得ないと笑いました。

他の女性たちは、自分たちにもチャンスが巡ってきたと喜びます。しかし、当の本人――ヒョンジュは乗り気ではありません。

しかし、仮面をつけているからこそ見抜けることもあるとチェ代表に言いくるめられ、考えを変えるのでした。

父であるチャ会長と同居し始めたソクジンは、箸すら上手く使えなくなっている父を見て驚きます。

それでも父は誇りを失ってはいないようで、頭の良さを自慢したり、息子の結婚の心配をしたりと活気に溢れています。

チェ代表を母と呼ぶように言われて戸惑ったのは、ソクジンだけではなくチェ代表本人もでした。

親子3人で仲良く過ごす食卓――そう思っているのはチャ会長だけで、ソクジンとチェ代表は腹の探り合いをしているのでした。

そして仮面パーティーが始まります。美しく着飾った女性たちの中でも、露出度の高い真っ赤なドレスを着たユヒは目立ちます。

彼の仮名は“ゼウス”

担当ジソンからヒョンジュの仮名を聞いていたユヒは、薄暗い会場の中でゼウスを捜します。

しかしその横には、パーティーには来ているはずのないヘスンの姿があったのでした……。

スポンサーリンク

※トップ画像はNetflixから引用いたしました。

ミヅチ

ホラー好きのネタバレブロガーです。ダークファンタジーもミステリも好きです。Netflixオリジナルドラマに首ったけです。

ミヅチをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました