更新:『明日』登場人物まとめ

Netflixドラマ『あなたに似た人』シーズン1-9「風がなくても揺れる」ネタバレ感想

Netflixドラマ『あなたに似た人』アイキャッチ
この記事は約12分で読めます。
ミヅチ
ミヅチ

こちらにはNetflixで毎週配信中の韓国ドラマ『あなたに似た人』シーズン1エピソード9「風がなくても揺れる」のネタバレと感想があります。

スポンサーリンク

主な登場人物・キャスト

チョン・ヒジュ(コ・ヒョンジョン)
ク・ヘウォン(シン・ヒョンビン)
ソ・ウジェ(キム・ジェヨン)

アン・ヒョンソン(チェ・ウォニョン)
パク・ヨンソン(キム・ボヨン)
アン・ミンソ(チャン・ヘジン)

チョン・ソヌ(シン・ドンウク)
アン・リサ(キム・スアン)

ユン・サンホ(キム・サンホ)
イ・ヒョンギ(キム・ホジョン)

ここから先はネタバレがあります!

スポンサーリンク

あらすじ

チョン・ヒジュは夫アン・ヒョンソンとク・ヘウォンが話す姿を見て動揺し、心が乱れた状態でヘウォンの夫ソ・ウジェと遭遇します。

傷付いて弱っているヒジュを見たウジェは、立ち去るヒジュを追いかけ、衝動のままにキスしてしまったのでした。

ヒジュは動揺したまま車を運転し、単独事故を起こしてしまいました。しかしそこで女友達ドンミと会い、冷静さを取り戻します。

ヒジュはヒョンソンへの疑いを持つことをやめようとしますが、一方ヘウォンはヒョンソンへの疑いを強めていました。

ヒョンソンがウジェを故意に車でひいたと、ヘウォンは考えています。しかしヒョンソンは何度も同じ説明を繰り返すだけでした。

その一方、こっそり挙式に行ったヒジュの娘リサは、ヒジュとウジェのキスを目撃していました。そしてリサはふたりの関係に気付いてしまいます。

リサのクラスメイトのジュヨンは、父が留置場にいるため一人暮らしをしています。しかし父は、ヘウォンの力を借りて多額の補償金を得ました

ヒジュの義母パク・ヨンソンは、ヒジュとウジェの関係を調べ始めます。しかしヒジュの義兄イ・ヒョンギ弁護士は別のことを知りました。

ある日、ヘウォンの祖父は体調を崩し大病院を目指して都会にやってきました。ヘウォンは仕事があるため、ウジェに代わりを頼みます。

しかしヘウォンの言葉は周囲の雑音のためウジェに伝わらず、ヘウォンの祖父は待合室で気を失ってしまうのでした……。

スポンサーリンク

ミヅチガタリ

ヒジュとウジェのキスシーンの詳細が気になっていたところ、ウジェが一方的に暴走しただけのようで安心しました……。

しかし、キス現場をヒジュの娘リサが目撃していたとは意外でした。でも、盗み聞きと盗み見はドラマの華ですよね~!

リサは、自分の記憶とヘウォンの話、目撃したものを合わせて、ヒジュとウジェの過去の関係に気付いてしまいます。

しかし一番つらいのは、知ってしまったことを誰にも話すことができず、心のうちに留めておかなければいけない現状でしょう……。

リサはさらに母ヒジュとの間の溝を深めますが、優しく接してくれる父ヒョンソンには事実を知らせることなどできず、ひとり苦しみます。

ヒジュはヒョンソンを疑うことをやめようと心がけ、ウジェを説得し、極力接しないように行動を変えていきます

しかしウジェは次々に過去を思い出し、ヘウォンとは距離を取り、ヒジュへと想いを募らせていきます。

そんな中、またしてもヘウォンの祖父が体調を崩しました。このおじいちゃん、ここぞというタイミングで体調不良になりますね……

祖父の重症化や――最悪の結果となれば、ヘウォンとウジェのすれ違いは決定的になるでしょう。

ヘウォンは復讐のために血の繋がった家族を危険にさらしたという現実を受け入れられるのでしょうか……?

詳細なネタバレはこの下です!

スポンサーリンク

あなたに似た人 第9話 風がなくても揺れる

黄色とキス

早朝の湖にて、女性画家チョン・ヒジュは吐き気に耐えながら過去を思い出していました。

――ほとんどの色は黒が混ざると暗くなる。最も明るく輝く黄色だけが暗くなる代わりに緑色に変わる――

まだク・ヘウォンが、夫となったソ・ウジェと子持ちの既婚者である友人ヒジュとの関係を知らなかった頃……。

ク・ヘウォンはウェディングフォトの時に鮮やかな黄色いドレスを着て、ヒジュからプレゼントされた緑のコートを羽織っていました。

そして、数年を経て迎えた結婚式当日――真っ白いウェディングドレスを着たヘウォンは黄色い花を手首につけていました。

ヒジュにとっての悲しみの象徴である黄色、それはヘウォンそのものでした。しかしヘウォンも幸せいっぱいではありません。

ウジェはまだ新郎の誓いを書いていませんでした。しかも、建物の2階にいたヒジュを追っていってしまいます。

ふたりでいるところに、挙式の場であるファインギャラリーを貸した館長が近付いてきたため、思わずヒジュは身を隠します。

外から見えない場所に身を隠したヒジュを追ったウジェは、感情がぐちゃぐちゃになっているヒジュを見て思わず口づけてしまいました。

ヒジュはウジェを突き放しますが、キスに応えてしまったため普段通り責め立てることはせず、そのまま去って行きました。

スポンサーリンク

ウジェの想い

ウジェは、妻ヘウォンが待つ中庭に現れました。ヘウォンは遅刻したウジェを笑顔で出迎えると、そっと手を取ります。

ヒジュは式場であるファインギャラリーを去っていました。ヒジュの弟チョン・ソヌは、結婚の誓いを見守っています。

白紙のままの新郎の誓いを見ながら、ウジェはアドリブで誓いを立てました。そしてその頃、ヒジュは車で事故を起こしていました。

ヒジュは友人イ・ドンミを呼び、ドンミが経営する釣り堀へと向かいます。ふらついていたヒジュはガードレールにぶつかってしまったのです。

ヒジュとウジェが過去にダブル不倫をしていたと知っているドンミは、ヒジュが結婚式に行ったと知って驚きます。

ヒジュの夫アン・ヒョンソンは、ドンミから説明を受けて夜に家を出ます。ヒジュの娘リサは、ヒジュの行方を疑っていました。

その頃、ヘウォンとその母ジョンヨンの行きつけのバーで2次会が開かれていました。ヒジュの弟ソヌは2次会にも参加します。

ウジェは式からいなくなったヒジュを心配し、バーの外に出て電話をかけます。ウジェは「ここにいるべきではない」と感じていました。

ウジェから相談されたソヌは「今更卑怯ですよ」と言って、式を終えてなおヘウォンばかりに尽くさせるウジェを諭しました。

スポンサーリンク

ふたりの夫

ヒジュは、夫ヒョンソンが自身の不倫を知っていたことをドンミに話しました。ドンミは驚き、勘違いだろうと断言します。

ヒョンソンが不倫を知っていてヒジュに優しくしていたとしたら、それはまともな男じゃないと……。

ヒジュの感情はどうしようもなく揺れていました。それはウジェとのキスではなく、ヒョンソンへの信頼が揺らいだことが理由でした。

にぎやかな2次会の中、ヘウォンの祖父はひとりで帰ろうとしていました。そこに外へ出ていたウジェが現れます。

ウジェとヘウォンの祖父は握手を交わします。その時、ウジェは思い出しました。ヘウォンの祖父が昔、押し切りで怪我してしまったことを……。

そこからヘウォンが祖父の介護のため実家に戻り、ヘウォンの代わりにヒジュに絵を教えることになったことまで思い出します。

「末永く共に過ごす」と誓ったウジェですが、式の後に次々と過去を思い出し、誓いの言葉に重さを感じるようになるのでした。

翌朝、ヒジュを心配した夫ヒョンソンは優しく接しますが、その一方でヒジュに嘘をつきました。昨日、挙式には行っていないと……。

ヘウォンと話すヒョンソンの姿を見ていたヒジュは、眠れない夜を超えてなお、ヒョンソンへの疑いを濃くしていくばかりなのでした。

スポンサーリンク

リサの慟哭

テリム病院でレントゲンを撮り、ヒジュには異常がないと分かりました。しかし弟ソヌと会ったヒジュは衝撃の事実を知ります。

ヘウォンとウジェの結婚式に、ヒジュの娘リサもいたというのです。そして、ヒジュの悪い予感は当たっていました。

リサは、ウジェとヒジュのキスを目撃していました。ヘウォンが言っていたことも合わせて、リサは事実に気付いてしまいます。

ヒジュは怒りに任せてファインギャラリーに向かい、挙式の片付けをするヘウォンを問い詰めました。

ヘウォンは、不幸だから周りが気になるのだろうと語ります。そして、リサを招待していないことを話しました。

そして、親の裏切りを知った時が最もショックが大きいのだとヒジュに話しました。話を聞くヒジュの呼吸が浅くなっていきます。

ヘウォンは、昔撮ったウェディングフォトは処分すると言います。新しく撮影するから、もう必要ないのだと……。

ヒジュは、ウジェと深く口づけた階段を見上げました。そしてヒジュはファインギャラリー館長からの呼びかけにも気付かず、去っていくのでした。

ヒジュの夫ヒョンソンとヘウォンの関わりを調べようと言うヒジュの義兄イ・ヒョンギ弁護士に、ヒジュの義母パク・ヨンソンはこう返します。

調べるべきなのは、ヒジュとヘウォンの夫ウジェとの関係だと――。ヨンソンの鋭い勘が、ヒジュの過去に迫っていました。

スポンサーリンク

ヘウォンの策略

ヒジュの夫ヒョンソンは、運営するテリム女子中学に通う娘リサの友人ジュヨンの父がいるビリヤード場に向かいました。

そこで待っていたヘウォンは、ヒョンソンをからかいます。ヘウォンの夫ウジェとヒジュが手に手を取って逃げていたかもしれないと……。

ヘウォンはヒョンソンを煽ります。しかしヒョンソンは、泥酔したウジェが車道にいたから不慮の事故が起きたと、以前と同じ説明をしました。

ヘウォンが疑い続けていることを知りつつ、ヒョンソンはその場を後にしました。そしてテリム女子中学に戻り、部下と会います。

部下はヒョンソンの指示通り、事実を説明しました。車道を歩いていたウジェをヒョンソンが車ではねてしまい、保護していたと……。

ヘウォンはテリム学校法人を集団訴訟させています。ヒジュの義兄イ・ヒョンギ弁護士は、ヘウォンを説得する名目で接触をはかりました。

イ弁護士がウジェのことを聞いてきたので、ヘウォンは「さっきも話した」とヒョンソンとウジェに関係があることを匂わせます。

その頃、ファインギャラリー館長のイ・ジョンウン代表がウジェを呼び出していました。ウジェは、ヒジュが来るかどうかを気にします。

ヒジュは、ウジェを訪ねてウジェのアトリエに向かっていました。しかし同じタイミングで、ウジェはヒジュの家へと向かっていました。

すれ違ってしまったふたりですが、ウジェのアトリエで合流します。ヒジュは柔らかい笑顔でウジェを迎えました。

スポンサーリンク

ヒジュの決心

ヒジュは笑顔を崩さないようにしながら、ウジェに語りかけます。挙式でのキスは「ただのハプニング」だったのだと……。

ウジェは納得できません。しかし自分の無責任さは理解しており、ヒジュの「また裏切られたらヘウォンは死ぬ」という言葉に俯きます。

ウジェは立ち去るヒジュを追うこともできず、割れた窓から吹き込んでくる北風を見やることしかできませんでした。

ヒジュの娘リサは、友人ジュヨンの家を訪ねていました。貧しいジュヨンは、父が留置場に入ったため一人暮らしをしていました。

その頃、ヒジュは自宅アトリエで夫ヒョンソンと話していました。ヒジュは、ヒョンソンが嘘を重ねていると気付きながら納得するふりをします。

若きヒョンソンは、どうしてもヒジュと結婚したいと母ヨンソンの反対を押し切り、子どもができたことを盾に結婚したのでした。

ヒョンソンはヒジュに対してはいい夫として接し続け、娘リサに対してはいい父親として接します。

そんなヒョンソンに、リサは自分が見てしまったものを話すことができません。自室でひとり涙するしかないのでした。

ヘウォンはウジェの本当の気持ちに気付いていないふりをしながら、新婚旅行の話をします。

しかしヘウォンが見せた崖の写真を見て、ウジェは過去を思い出してしまいました。アイルランドでヒジュと暮らしていた頃のことを――。

スポンサーリンク

ヘウォンとウジェのすれ違い

ヘウォンは、夫ウジェが戻ってきたわけではないと話します。ヒジュが探し出しただけで、本当のウジェはまだ戻ってきていないと……。

翌朝、ヒジュは娘リサの制服のスカートを見て、リサが足に怪我を負ったことに気付きました。しかしリサは何の説明もしません。

自宅を奪われそうになっているジュヨンを心配したヘウォンは、ジュヨンの父に補償金を受け取るよう促しました。

ヒジュとウジェは、共同プロジェクトの会議のためファインギャラリー館長のイ代表と集まっていました。

そこにキュレーターであるヘウォンも現れ、会議が進みます。しかし3人揃った場の空気は、凍り付いてしまいます。

ヒジュはウジェとヘウォンの夫婦を避けていますが、ウジェもヘウォンを避けていました。

食事する相手がいないヘウォンは、たまたま会ったヒジュの弟ソヌと一緒に食事をします。

飲酒したいから代わりに車を運転してくれないかとヘウォンに聞かれたソヌは「ある人から運転は禁じられていて……」と断りました。

鍋をつつきながら、ヘウォンは不安を打ち明けます。寝ている間にウジェがいなくなってしまいそうだと――。

スポンサーリンク

繰り返される過ち

馴染みのバーに来たヘウォンの母ジョンヨンは、実父からの連絡にも気付かず、友人たちに土地を買うよう言葉巧みに勧めていました。

次にヘウォンが祖父から連絡を受けます。祖父は、大きな病院で診察を受けるように指示されて田舎から出てきたのです。

ヘウォンはキュレーターの仕事もあるため、祖父を迎えにいけません。代わりに夫ウジェに祖父を迎えに行くよう電話しました。

しかしヘウォンが印刷所にいるため、周囲の音でヘウォンの声がかき消されます。ウジェはメールにしてくれと頼みました。

そして同じタイミングで展示会場を観に来たヒジュとウジェは、再びふたりきりで会ってしまいました。

ヒジュはすぐに去ろうとしましたが、ウジェは何度もヒジュと接する内に記憶を取り戻しており、アイルランドでの生活も思い出していました。

ヘウォンの祖父は高速バスの待合室にあるベンチに座り、気を失っていました。ヘウォンは急いで祖父のもとへと向かいます。

ウジェは、ヒジュがついた嘘を訂正しました。ウジェがヒジュを嫌っていたという嘘について「嫌ってたのではなく、好きだったんです」と……。

※トップ画像はNetflixから引用いたしました。

ミヅチ

ホラー好きのネタバレブロガーです。ダークファンタジーもミステリも好きです。Netflixオリジナルドラマに首ったけです。

ミヅチをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました