更新:『明日』登場人物まとめ

Netflixドラマ『mine』シーズン1-3「グレーの領域」ネタバレ感想

Netflixドラマ『mine』アイキャッチ
この記事は約12分で読めます。
ミヅチ
ミヅチ

こちらにはNetflixで毎週配信中の韓国ドラマ『mine』シーズン1エピソード3「グレーの領域」のネタバレと感想があります。

スポンサーリンク

主な登場人物・キャスト

ソ・ヒス(イ・ボヨン)
チョン・ソヒョン(キム・ソヒョン)

カン・ジャギョン(オク・ジャヨン)
キム・ユヨン(チョン・イソ)

ハン・ジヨン(イ・ヒョヌク)
ハン・ハジュン(チョン・ヒョンジュン)

ハン・ジノ(パク・ヒョックォン)
ハン・スヒョク(チャ・ハギョン/VIXXエン)

ここから先はネタバレがあります!

スポンサーリンク

あらすじ

ついに代表取締役がハン家長男ジノに決定します。しかしそれは、婚外子である次男ジヨンの差し金でした……。

生まれつき財閥に染まっている長男の妻ソヒョンと、元女優として外から入ってきた次男の妻ヒス、2人の妻の変化が描かれた回でした。

ソヒョンはカウンセリングで過去の美しい恋愛を思い出したこともあり、真っ黒な財閥人に少しずつ白が混じっていきます

ヒスは元女優として奔放に過ごしてきましたが、ハジュンの頼れる母となるため、真っ白さに少しずつ黒を混ぜていきます

ハウスガイドのユヨンは家族を探るようソヒョンに指示されて悩みます。黒に染まることを拒んだユヨンでしたが、その身は危なくなります。

ソヒョンの息子スヒョクと寝室交換をしていることが、まるで男女の関係があるかのようにソヒョンに伝わってしまったのです。

ユヨンが窮地に立たされる中、次男の息子ハジュンの家庭教師ジャギョンもその振る舞いから解雇の危機を迎えます

ハジュンの母親のように振る舞うジャギョンは、誰かからプレゼントされた馬蹄のペンダントをハジュンに渡しました

ジャギョンがハジュンをいじめた同級生の母親をビンタしたことで、ヒスはジャギョンを厳しく監視するようになるのでした。

スポンサーリンク

ミヅチガタリ

やっぱり、ジャギョンはハジュンの母親なのでしょうか……馬蹄のペンダントも、乗馬好きのジヨンからの贈り物に思えます。

馬蹄はラッキーアイテムとして、四葉のクローバーに並ぶものです。ジャギョンが過去の恋人と別れた理由が気になりますね。

そしてハジュンが婚外子だと明かされました。前妻の子ではなく、結婚する前に生まれた子だったんですね。

しかし会長の愛人キム・ミジャの産んだ子ジヨンも、ジヨンの婚外子ハジュンも、会長スクチョルの血を継いでいることは確かです。

ジヨンは息子が婚外子だと明かされることを恐れていますが、財閥だとそういうものなんですかね……。

また、ソヒョンとヒスは根本的に考え方が全く違います。財閥を守るという一点では、ソヒョンの方が遥かに優秀です。

継母ではなく実の母親になりたいと願い、そのためならハン家の名声を汚すのも構わないと考えるヒスが孤立しないか心配ですね。

ジャギョンもユヨンも解雇の危機に立たされましたが、4話で解雇はストーリー的にさすがにないかなと思っています。

詳細なネタバレはこの下です!

スポンサーリンク

mine 第3話 グレーの領域

本家「カデンツァ」を夜中、キム・ソンテ執事が見回りしています。壁に飾られている絵画「グレーの領域」は15億ウォンにまで値上がりしていました。

次にソンテ執事は、ブルーダイヤのネックレスが保管されている特殊な金庫を開けようと試みます。しかし太刀打ちできませんでした。

新しい取締役

翌日、ヒョウォングループの代表取締役を決定する理事会が開かれました。ホテルの社長、長男で専務のジノが任命されます。

選ばれたのは愛人の子である優秀な次男ジヨンではありませんでした。長男が就任するのがハン家の慣例なのです。

それを知って会長の妻スネは高笑いしますが、ジノの妻ソヒョンは「会長が不在の間だけ」と冷静に振る舞います。

肩を落として分家「ルバート」に帰ったジヨンの妻ヒスは、家庭教師ジャギョンに残念な気持ちを打ち明けました。

ジヨンに欲がないと語るヒスに、ヒスが知らない部分もあるのではないかとジャギョンは意味深に語るのでした。

ユヨンの新しい任務

ソヒョンは、取締役に夫ジノが選ばれた経緯に次男ジヨンが関わっていると感じていました。しかし、その理由が分かりません。

ソヒョンは新しいハウスガイドのユヨンを書斎に呼び出しました。ソヒョンは100万ウォンの小切手をユヨンに差し出します。

会長スクチョルと次男で専務ジヨンの書斎、そして会長の妻スネとスヒョクの寝室を清掃中に「何か」を見つけたら報告するようにとソヒョンは指示しました。

ヒョウォングループ社員が何も語らないことを受けて、家で働く人を手先にすることにしたのです。

スポンサーリンク

スネの怒り

会長の妻スネはいつものようにペットの孔雀ノドクの前で歌のレッスンをしていました。その傍には愛想を振りまく主任メイドがいます。

スネは、辞めたメイドのジュヒが盗み録りしたというソヒョンの言葉を信じていました。主任メイドが犯人だとは微塵も思いません。

盗み録りの一件から、メイドたちはスマホ携帯が禁止となりました。そして新しいシステムとして、呼び出しボタンが実装されたのです。

スネはご機嫌でテレビをつけました。しかし、マスコミの話題はヒョウォンの新取締役ではなく、娘ジニのパワハラだったのでした……。

婚外子の運命

理事会を終えた次男ジヨンとその妻ヒスが料亭で食事をしています。ヒスは、ジヨンが取締役を譲った理由を問い詰めました。

ジヨンは、自身も息子ハジュンも婚外子だと語ります。もし後継者になれば、自分たちが婚外子だと世間に知られると恐れたのです。

ヒスは、夫ジヨンが息子ハジュンから選択肢を奪っていると感じて怒ります。料理と夫を残して、ヒスは料亭から立ち去りました。

ヒスとジャギョン

分家にいる家庭教師ジャギョンは、勝手にジヨンの書斎に入り椅子に座ります。そして、昨晩のことを思い返しました。

会長の妻スネと会ったジャギョンは「お望み通り、ジノさんを代表にいたしました」と告げたのです。

そこにヒスが帰宅してきました。ジャギョンは立ち上がり、探し物をしていたかのような素振りをします。

ヒスはジャギョンに、問題が起きている本家「カデンツァ」には息子ハジュンを連れて行かないようにと指示しました。

スポンサーリンク

ソヒョンのやり方

そこに会長の妻スネから電話があります。女優としてトップスターの地位を築いたヒスに、記事を揉み消すよう頼んだのにと怒っています。

ヒスは、息子ハジュンが婚外子だという記事を出さない代わりに、ハン家長女ジニのパワハラを揉み消すことを諦めたのです。

長女の妻ソヒョンは今になって、ヒスがパワハラ記事の揉み消しに失敗したと知り「私とは違うタイプね」と呟きました。

その時、ソヒョンギャラリーの展示会で事件が起こります。客の娘が作品のひとつに座って壊してしまったのです。

2億円の作品を壊してしまった少女を、ソヒョンは優しく許しました。そして壊れた椅子は野外カフェで使うと言います。

ソヒョンは怒りを表に出して印象を悪くするよりも、他のミュージアムの目玉にする方が複合事業らしいと考えたのでした。

恵まれない長男と長女

取締役となった長男ジノよりも、優秀で美男子の次男ジヨンの方が相変わらず人気者でした。ジノは溜息をつきます。

長女ジニはどこに行ってもマスコミに追い回されていました。母である会長の妻スネからも叱られ、ジニは喧嘩を始めてしまいます。

帰宅した長男の妻ソヒョンは、気が立っている2人を諫めます。そして長女ジニにもう一度、本家「カデンツァ」に来ないよう言いました。

ハジュンとソヒョンの変化

分家「ルバート」に帰宅した次男ジヨンの息子ハジュンは、継母ヒスに対して冷たい態度で接します。

ソヒョンはかつての恋人チェ・スジの記事を読んでいました。注目のアーティストとなったスジの作品を買うよう、秘書に命じます。

ソヒョンは過去の美しい恋愛を思い出しながら、ずっと押し込めていたスジへの想いに頭を悩ませるのでした。

スポンサーリンク

スヒョクとユヨン

長男の息子スヒョクはやはり自室で眠ることができず、ハウスガイドのユヨンの部屋に向かいます。

夜の散歩にユヨンを誘った時、他のメイドの声が聞こえてきました。ユヨンは慌てて自室の中にスヒョクを引き込みます。

ハン家で働き続けるためにスヒョクと寝室を交換するのをやめたいユヨンでしたが、流れでまた寝室を貸すことになりました。

ヒスの不安

ヒスは夫ジヨンに、息子ハジュンが不機嫌であり、家庭教師ジャギョンに自分の領域を奪われてる気分だと話します。

しかしジヨンはヒスの悩みを理解せず、ジャギョンは誠実な人なのだから任せておこうと言って去ってしまうのでした。

その夜、ヒスは隣に眠っているはずのジヨンがいないことに気付いて目を覚まします。そして子ども部屋を覗きました。

そこには、眠っているハジュンの足をマッサージしているジャギョンがいました。ヒスはどこか不安になります。

しかしジヨンは、ジャギョンが寝る間を惜しんでハジュンの面倒を看てくれる親切な人だと笑っているのでした……。

スポンサーリンク

ユヨンの眠る場所

仕事を終えたユヨンは自室に戻りますが、そこにはスヒョクが眠っていました。ユヨンはまたスヒョクの部屋に向かいます。

しかしユヨンはスヒョクの部屋に入るのをやめて、本家「カデンツァ」の大階段にしゃがみ込みました。

寒さに震えたユヨンは大階段で夜を明かすのを諦め、自室に戻って床の上で膝を抱えて眠ります。

ふと目を覚ましたスヒョクは、床にいるユヨンを抱き上げてベッドに寝かせました。スヒョクの心の中で、ユヨンは大きくなっていきます。

しかし、2人の関係が母ソヒョンの知るところになりました。メイドの1人が、スヒョクがユヨンの部屋にいたことを報告したのです。

ソヒョンは書斎に来たユヨンを遠回しに問い詰めますが、ユヨンはシラを切って書斎を後にするのでした。

不機嫌の理由

スマホを持ち込めなくなった主任メイドでしたが、諦めることはなく、今度は隠しカメラを本家「カデンツァ」に仕込みました。

その頃、分家「ルバート」ではハジュンが継母ヒスの過保護さに反抗していました。ヒスはハジュンを学校に送ります。

ハジュンの機嫌をよくするためにサイン入りのCDを渡したヒスでしたが、ハジュンは受け取りませんでした。

不機嫌な理由を知りたいヒスは、少し離れてハジュンの様子を伺います。すると、同級生ジウォンがハジュンをいじめ始めました。

ジウォンはハジュンがヒスの実子ではないと知っていて、それをからかっていたのです。ハジュンは必死に耐えていたのでした。

スポンサーリンク

ハジュンの母として

本当の親でいて欲しいと願うハジュンを見たヒスは、ジウォンの誕生会に呼ばれた子の母親たちと会いました。

そして次に、ジウォンの母親に会いに行きます。ヒスは、ジウォンが母親からハジュンをいじめるよう唆されていると見抜いたのです。

「実子ではないのは事実」と開き直るジウォンの母親のもとに、ママ友たちから次々とメッセージが送られてきます。

それは全てジウォンの誕生会を欠席するという連絡でした。ハン家に招かれたママ友たちは、手の平を返したのです。

ヒスは、息子ハジュンに謝罪さえすれば許すと告げて立ち去りました。辛い思いを隠したまま……。

乗馬

乗馬のレッスンをしていたハジュンは、訓練士のミスにより馬場を出て草原に出てしまいます。

乗馬経験のある家庭教師ジャギョンは馬に飛び乗り、ハジュンを追いかけました。そして、ハジュンと共に地面に転がり落ちます。

それだけの事故があったのに、帰宅したハジュンとジャギョンは何もなかったとヒスに報告しました。

実の母親

ヒスは、ジャギョンがハジュンと自分との間に割って入っていると感じ、ジャギョンを注意します。

「母親の真似事をするのはやめて」と言うヒスに、ジャギョンは「実の母親にはなれない」と返しました。

実母は死んだと告げたらハジュンが傷付くとヒスに言われ、ジャギョンは「死んでなければ?」と問いました。

ハジュンへの愛を語ったヒスは、生みの母のことはハジュンに言わないようにとジャギョンに釘を刺しました。

スポンサーリンク

ソヒョンの選択

ハウスガイドのユヨンは長男の妻ソヒョンの書斎に向かい、100万円の小切手を返そうとします。しかしソヒョンは受け取りませんでした。

そして息子スヒョクとユヨンの関係を密告してきたメイドに、義母である会長の妻スネにも密告するように指示しました。

ソヒョンは自らの手を汚さないために、頭に血が上りやすい会長の妻に全てを任せることにしたのです。

ハジュンの新しい悩み

息子ハジュンの部屋に向かったヒスでしたが、ハジュンはそっけない態度でした。ヒスは待つことにしようと決めます。

ハジュンは、ジャギョンとのやりとりを思い出していました。自分をかばって怪我をしたのに、ジャギョンは平気そうでした。

そして事故があったと知ったらヒスが悲しむからと、事故のことは秘密にしようと約束したのです。

母親でもないのに、なぜジャギョンはこんなに親切なのか……ハジュンは悩み、ベッドに潜り込むのでした。

「今は」

長男ジノは、優秀な次男ジヨンに取締役を譲った理由を問います。ジヨンは「今は兄さんが」と答えました。

ジノは「今は」という言葉に引っ掛かります。怒りを滲ませるジノを見て、ジヨンはふっと微笑んで去って行くのでした。

似ている

ヒスはシスター・エマにカウンセリングを頼みました。ハジュンのことで悩んだヒスは、話を聞いてもらいたかったのです。

そこに英会話キャンプの説明会からジャギョンが帰ってきました。シスター・エマとジャギョンは挨拶を交わします。

シスター・エマがシングルマザー支援センター「タウム」を運営していると知り、ジャギョンは目を伏せました。

シスター・エマは、ジャギョンの声に聞き覚えがあると感じます。寄付金を振り込んでいるのに、会合に顔を出してこない女性に似ている……。

スポンサーリンク

馬蹄のペンダント

ジャギョンはハジュンの部屋に向かうと、ヒスからプレゼントされたCDを聞かないようにと制止しました。

気分が優れない時に、それを増長させるような曲を聞いてはいけないとジャギョンは語ります。

そしてハジュンを抱き締めると、災いから守ってくれるという馬蹄型の幸せのペンダントを取り出しました。

ジャギョン自身、そのペンダントをプレゼントされています。ハジュンの手に渡ることを、ジャギョンは喜んでいました。

ハジュンからいじめの加害者の名前を聞いたジャギョンは、雨の中ジャギョンの母親を訪ねていきました。

真っ赤なワンピースに真っ赤な傘を差したジャギョンは、ジウォンの母親に向かって腕を振り上げると、ビンタを繰り返すのでした。

ジャギョンの危機

長男の妻ソヒョンが美術品を壊されても笑顔で許したことは、すぐ記事になりノブレス・オブリージュだと褒めそやされます。

ジニのパワハラ記事から目を逸らせるか、それとも印象操作だと勘繰られるか――ソヒョンは薄く笑います。

その頃、ジウォンの母親から連絡を受けたヒスは、ジャギョンの部屋に乗り込んでいきました。

「心から愛してないから、あの程度で許すんです」「本当の母親なら感情を抑え切れません」ジャギョンは憤ります。

いつまでも態度を変えないジャギョンに、ヒスは雇い続けるかどうか考えると告げました。

※トップ画像はNetflixから引用いたしました。

ミヅチ

ホラー好きのネタバレブロガーです。ダークファンタジーもミステリも好きです。Netflixオリジナルドラマに首ったけです。

ミヅチをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました