更新:『明日』登場人物まとめ

Netflixドラマ『mine』シーズン1-5「第六感」ネタバレ感想

Netflixドラマ『mine』アイキャッチ
この記事は約13分で読めます。
ミヅチ
ミヅチ

こちらにはNetflixで毎週配信中の韓国ドラマ『mine』シーズン1エピソード5「第六感」のネタバレと感想があります。

スポンサーリンク

主な登場人物・キャスト

ソ・ヒス(イ・ボヨン)
チョン・ソヒョン(キム・ソヒョン)

カン・ジャギョン(オク・ジャヨン)
キム・ユヨン(チョン・イソ)

ハン・ジヨン(イ・ヒョヌク)
ハン・ハジュン(チョン・ヒョンジュン)

ハン・ジノ(パク・ヒョックォン)
ハン・スヒョク(チャ・ハギョン/VIXXエン)

ここから先はネタバレがあります!

スポンサーリンク

あらすじ

次男の妻ヒスは、夫の連れ子ハジュンの産みの母が家庭教師ジャギョンではないかと疑いを持ちました。

ヒスはジャギョンが前に勤めていたイヨン家に向かいますが、イヨン家の主任メイドは買収されており真実を知ることはできませんでした。

ヒスは馬蹄のペンダントを手に夫ジヨンに迫りますが、同じものだという証拠はなく、ジヨンに言いくるめられてしまうのでした。

その一方で、ジャギョンは恋人ジヨンや実子ハジュンを取り戻すと決意していました。ジヨンは困り果てます。

長男の妻ソヒョンは、息子スヒョクとハウスガイドのユヨンの恋愛をやめさせようと理性的に訴えますが、2人共反抗的です。

その問題を抱えたまま、ソヒョンはジャギョンの調査も始めました。ヒスとは違い、ソヒョンは「イ・ヘジン」を調べます

そしてソヒョンは、イ・ヘジンが生きていることを確認します。ソヒョンはジャギョン=イ・ヘジンだと確信しました。

大問題が発生します。長男の息子スヒョクと次男の息子ハジュンが婚外子だという記事が出てしまったのです。

傷付いたスヒョクは心の穴を埋めるためにユヨンを求め、同じく傷付いたハジュンは姿を消してしまうのでした……。

スポンサーリンク

ミヅチガタリ

次男の息子スヒョクとハウスガイドのユヨンの恋がやっと一歩進みましたね。20代の恋なのに、5話でやっとキスとは……。

しかし、このまま2人の恋が進んでいくと、ユヨンはジャギョン――イ・ヘジンと同じ道を進むことになりかねません。

2人の恋がどうなるのかも楽しみですが、私としては明らかにされた次男ジヨンの本性の方が面白く感じました!

ジヨンは愛人の子ゆえに、会長の妻スネが持つパワハラという悪癖は受け継ぎませんでした。しかし、別の問題を抱えていたのです。

ジヨンは外面はとてもいいのですが、裏では自分のための地下闘技場を作ったり、ジャギョンとヒスを上手く操ったりと暗躍しています。

恐ろしい人が多いハン家ですが、ヒスが信じ切っているジヨンこそが一番恐ろしいというのが最高に面白いですね!

ジヨンがヒスを選んだ理由は、別世界慣れしていないヒスが問題を起こせば自分には目が向かないからかもしれません……。

色々と問題は起きましたが、5話はまだまだ序章だなと感じます。本気になったソヒョンがどう動くのか楽しみです!

詳細なネタバレはこの下です!

スポンサーリンク

mine 第5話 第六感

ヒスの直感

分家「ルバート」に帰宅したハン家次男の妻ヒスは、家庭教師ジャギョンの部屋に押し入り「行かないで」と言います。

ジャギョンは、ヒスから解雇されたから出て行くと言い張ります。ヒスの必死な顔を見たジャギョンは、家から出るのをやめました。

財閥家の男

本家「カデンツァ」のキッチンでは、いつも通りメイドたちの雑談が盛り上がっていました。

代表取締役となった出来の悪い長男ジノと、その妻であり根っからの貴族であるソヒョンの話に始まり、次男ジヨンの話になります。

会長ソクチョルと愛人キム・ミジャの間に生まれた次男ジヨンには、結婚前に息子ハジュンの実母である女がいたのだと……。

メイドたちは、長男の息子スヒョクとの色恋沙汰で問題を起こしたハウスガイドのユヨンに聞こえるように嫌味を言います。

しかし、財閥家の男性にとって結婚相手と別に愛する女性がいるのは普通のことだと語るメイドがいました。

一番大事なのが仕事、2番目が妻、3番目が愛する人――財閥家の男性にとっては、そういう生き方が当然なのです。

スヒョクの婚約相手アリムは、スヒョク同様に財閥を率いる会長の孫です。しかしハウスガイドのユヨンは「3番目」が関の山……。

その現実を目の当たりにして落ち込むユヨンを見て、キム・ソンテ執事は「可哀想に」とつぶやくのでした。

スポンサーリンク

ユヨンかジャギョンか

ヒスは、夫ジヨンや家庭教師ジャギョンの言葉を思い出していました。ジャギョンが息子ハジュンの生みの親だとするならば……。

ヒスは本家「カデンツァ」へ、長男の妻ソヒョンに相談をしに行きました。ちょうどソヒョンも話があったようです。

ソヒョンは、解雇したハウスガイドのユヨンの居場所を息子スヒョクに教えたのはヒスだと確信していました。

財閥家に生まれたソヒョンは、自分たちが生きる「別世界」に自由なんてないと語ります。ヒスが珍しいのだと……。

「ユヨンは信用できない」と言うソヒョンに、ヒスは「それはジャギョンの方です」と返しました。

別の財閥であるイヨン家からジャギョンを紹介されたと聞いたヒスは、ジャギョンの本性を探るためにイヨン家を訪ねることにします。

慌てて出て行ったヒスを見送ったソヒョンは、今までのことを思い返して、ジャギョンの正体について考え込むのでした。

イヨン家の主任メイド

ヒスはその足でイヨン家に向かいましたが、ジャギョンを紹介した奥様は家を開けていました。ヒスは主任メイドと話をします。

ジャギョンはイヨン家の姉妹と一緒に10年以上もの間、海外で過ごしていました。その前は、奥様の姉の息子を担当しています。

もしかしたら別人なのではとヒスは勘繰りますが、見せてもらった写真は間違いなくジャギョンでした。

私が考え過ぎていたのだ……ヒスがそう思い直している頃、イヨン家の主任メイドは写真をアルバムに入れていました。

他の写真には、イヨン家姉妹とジャギョンともうひとりの女性が写っています。そしてその女性こそが、本当の家庭教師なのでした。

スポンサーリンク

カデンツァの主

ジャギョンがトランクに詰めた荷物を取り出している頃、ハウスガイドのユヨンは長男の息子スヒョクに呼び出されていました。

ユヨンは、アリムについて「スヒョクとお似合いだ」と言いました。しかし本心では、スヒョクに惹かれています。

しかしユヨンは、スヒョクと関係を持ちたいとは思っていません。26歳でお坊ちゃまと呼ばれる世間知らずとは住む世界が違うからです。

涙を堪えてスヒョクの部屋から出て行ったユヨンの姿を、スヒョクの母ソヒョンがじっと見つめていました。

ソヒョンはスヒョクの部屋に行き、本家「カデンツァ」でソヒョンの許可なしにできることなどないと諭すのでした。

真実を知る術

ヒスは、シスター・エマに相談していました。シスター・エマは別世界において正者を死者扱いするのはよくあると語ります。

ヒスはジャギョンを疑う自分を嫌悪しますが、シスター・エマは真実を知るために動くよう勧めました。

そこにイルシン会のメンバーがやってきます。ソ・ジンギョンはある財閥の赤ちゃんが親に似ずDNA鑑定をしたと話しました。

それが世間に知れて株価は落ちたものの、実子だったことが証明されたというところで話は終わるのでした。

スポンサーリンク

イ・ヘジンを探れ

長男の妻ソヒョンは、乗馬クラブに行き親しくしていたキム教官と再会します。そして次男ジヨンの担当教官を尋ねました。

「イ・ヘジンさんですね」と言われたソヒョンは、名前を変えた可能性も考慮して、写真を探すよう頼みました。

その頃、ジャギョンはシスター・エマからイ・ヘジン宛に届いたメールを読み返していました。

ジャギョンは本名のイ・ヘジンを名乗り、シングルマザーを支援するタウム財団へ多額の寄付を行っています。

シスター・エマは真実を探るため、イ・ヘジンへ封書を送ります。タウム財団の食事会へとイ・ヘジンを招待したのです。

秘密は厳禁

ジャギョンを探っていたメイドのスヨンは、家庭教師ジャギョンが次男の息子ハジュンに贈った馬蹄のペンダントを次男の妻ヒスに見せました。

帰宅したジャギョンに、ヒスは怒りをぶつけます。乗馬の際の事故を報告しなかったことも含めて、ヒスは怒りを露わにしました。

「ハジュンは他の子どもとは違います」と語るジャギョンに、ヒスはその理由を尋ねます。しかし、はぐらかされてしまいました。

ヒスは「今後、秘密は厳禁です」とジャギョンに告げました。これ以上、特別な絆を築かれては困るとおもったのです。

スポンサーリンク

ソヒョンの守りたいもの

長男の妻ソヒョンは、アーティストとして大成したかつての恋人チェ・スジが国内で展覧会を開催する報道を目にします。

複雑な気持ちを抱えるソヒョンの前に、夫ジノがやってきました。ジノは愛も情もない自分たち父子と離れない理由を問います。

ソヒョンは、秘密を暴露されないように関係を続けているのだと語りました。本当に隠したいもののことは語ることなく……。

不穏な動き

パワハラ騒動でヒョウォンベーカリー社長の座を失ったハン家長女ジニの前に、記者が現れました。

記者は次男の息子ハジュンが妻ヒスの実子ではない証拠が欲しいと語ります。記事のために裏取りを進めているのです。

ヒスが抱く疑惑

夫の帰りを待って食事を取らずにいた次男の妻ヒスは、長男の妻ソヒョンに呼び出されました。

ヒスは、息子ハジュンの母親がどんな人かと問いました。しかしソヒョンは、面識があるのは会長の妻スネだけだと語りました。

ハジュンを連れてハン家にやってきたイ・ヘジンは、ハジュンのDNA鑑定が済むまで別荘に閉じ込められました。

その別荘に誰がいて、何があったのかはスネしか知らないのです。しかし、親子の縁を切ったことだけは確かです。

ソヒョンは、ヒスが疑いを持っていることに気付いていました。ジャギョンがハジュンの実母ではないかと……。

スポンサーリンク

ジヨンの考え

妊婦イ・ヘジンが頼ったのは恋人ジヨンの家ではなく、シスター・エマのいる教会でした。だからジャギョンは寄付を続けているのです。

その夜、ジャギョンはバーで次男ジヨンと会っていました。ジャギョンは「自分のものを取り戻すわ」とジヨンに宣言します。

「私の子ども、私の男、私が失った時間――全部」そう言うジャギョンに、ジヨンは面倒を起こさないよう諭します。

ジヨンは、寄りを戻すためにジャギョンをハン家に入れたわけではありません。息子ハジュンのためでした。

ハジュンを完璧な息子に育てるために、生みの母ジャギョンと育ての母ヒスが必要なのだとジヨンは語るのでした。

イ・ヘジンの写真

ヒスは、ただひとり真実を知っている義母である会長の妻スネを尋ねました。しかし、スネは怒ってヒスを追い返します。

ヒスは分家「ルバート」に戻ると、家庭教師ジャギョンのヘアブラシと息子ハジュンの歯ブラシを手に取りました。

しかし、決心がつかずに歯ブラシを元に戻します。その頃、スネは寝室にある金庫を開けて書類と写真を取り出していました。

ハジュンの生母の写真を破ったスネは、主任メイドを呼び出します。そして、主任メイドにハジュンの生母を見たかと尋ねました。

しかし、主任メイドはその頃ドイツにいたのです。会長ソクチョルの治療についていった主任メイドは、イ・ヘジンの顔を見ていませんでした。

イ・ヘジンの写真が入ったゴミ箱を処理するように言われた主任メイドは、その道中にゴミ箱の中身を見てしまうのでした……。

スポンサーリンク

馬蹄のペンダント

次男の妻ヒスは、息子ハジュンに馬蹄のペンダントについて話します。他人から物をもらってはいけないと……。

しかし、ハジュンは「先生は他人?」と怒り、ヒスを部屋から追い出しました。ヒスはその足で夫ジヨンの書斎に向かいます。

ハジュンの出生届には、母親の名は書いていませんでした。しかし、ジヨンが昔撮った写真を見たヒスは目を見開きます。

写真の中のジヨンの胸には、家庭教師ジャギョンがハジュンに贈った馬蹄のペンダントが輝いていたのです。

美しいジャングル

ハン家長女ジニは、記者を家に呼び出します。その頃、長男ジノは自社の派遣社員に手を出していました。

部下を通じてソヒョンは夫ジノの不倫を知らされていました。しかし、弱者は淘汰されるものと取り合いません。

傍に控えていたメイドに、ソヒョンは「ここは美しいジャングルでしょ」と話しかけます。

外から見たら華麗な財閥ハン家だが、一挙手一投足のささいなミスが命取りになる……まさにジャングルだと。

ジヨンの嘘

次男ジヨンは、地下闘技場で闘う2人の男を見つめていました。巨躯を活かして相手をボロボロにする様子を見て、ジヨンは笑います。

ジヨンが分家「ルバート」に帰ったのは深夜のことでした。リビングには、無表情な妻ヒスが待っています。

ヒスは、ジヨンが身に着けていたものがジャギョンの手に渡ったと考えています。しかしジヨンは別の物だとかわしました。

そして、ジャギョンは息子ハジュンの母ではないと嘘をつきます。そしてジヨンは、ヒスの勘違いを責めました。

ヒスはハジュンの実母の名前を問います。ジヨンは「イ・ヘジン」と事実を伝えました。そして、ヒスを抱き締めます。

スポンサーリンク

ユヨンの反逆

ジヨンは、夫婦のベッドサイドに紅玉というリンゴを置いていきました。それは、いい夫を演じるジヨンの気遣いでした。

その頃、ハウスガイドのユヨンは雇用主である長男の妻ソヒョンに100万ウォンの小切手を返しにいっていました。

しかしソヒョンは、息子スヒョクとの関係を終わらせる代わりに小切手を受け取るよう諭します。

ソヒョンが去った後、ユヨンはソヒョンの書斎の机に小切手を置いたのでした。ソヒョンの悩みは尽きません。

実子ではない

リビングに下りた次男の妻ヒスは、メイドからあるニュースを見せられます。それは、息子ハジュンが実子ではないという記事でした。

会長の妻スネもそのニュースを見て怒っていました。その記事には長男の息子スヒョクが婚外子だとも書かれています。

八つ当たりされているソヒョンは、今の時代はマスコミ統制などできないのだとスネに語ります。

ハウスガイドのユヨンは、スネの怒声を聞いて部屋に入るのをやめます。しかしそこで、スヒョクに会ってしまいました。

スネは、スヒョクの実母が勝手に出て行ったのだと喚いています。スヒョクは表情を固くしたまま、スネの寝室に入っていくのでした。

スポンサーリンク

不信と不満

ハン家長女ジニもニュースのことを知ります。そして、何も話さなかったのだから裏取りはできなかったはずだと焦りました。

ジニが記者に電話をかけると、話をしてくれたのはジニではないと言われます。賢くないジニは余計に混乱してしまいました。

その頃、家庭教師ジャギョンもニュースに目を通していました。しかし、記事にはハジュンの実母は亡くなったと書かれています。

次男ジヨンも報道を目にしました。そして、この記事が出る原因となったのはジャギョンだと確信しました。

ジャギョンはジヨンに叱られ、ハジュンのためだけに存在するよう命じられました。ジャギョンは怒りを露わにします。

ヒスとソヒョンの違い

次男の妻ヒスが息子ハジュンに顔を合わせられずに悩んでいる頃、長男の妻ソヒョンは怒りのままに行動していました。

息子スヒョクには取り繕ったソヒョンでしたが「今回は黙ってない」と、記事の出どころを調べるよう指示します。

スポンサーリンク

ユヨンとスヒョクの恋

その夜、スヒョクはハウスガイドのユヨンと偶然に会っていました。スヒョクは、庭にある「スヒョクの木」を見つめます。

スヒョクが泣けずにいることを察して、ユヨンは雨の中に出て行くよう勧めます。その優しさに触れたスヒョクは、一歩踏み出しました。

雨の夜、スヒョクとユヨンは初めて口づけを交わしました。誰の目にも留まらない場所で、2人の恋は走り出したのです。

ハジュンの失踪

その頃、分家「ルバート」は長男の息子ハジュンが姿を消したことで大騒ぎになっていました。

そして、長男の妻ソヒョンには決定的な報せが入ります。乗馬クラブにはイ・ヘジンの書類がなかったのです。

10年は保存する決まりの書類が破棄されたのは、先日、本人から破棄して欲しいと連絡があったからでした。

「生きている」――ソヒョンは、ハジュンの産みの母イ・ヘジンが生きていること、それがジャギョンだということを確信しました。

ヒスは、妊娠している身でありながら車を走らせて息子ハジュンを探しに出かけました。

雨の中、家庭教師ジャギョンも車を走らせています。ヒスを追う夫ジヨンも雨の中、車を走らせ始めました。

※トップ画像はNetflixから引用いたしました。

ミヅチ

ホラー好きのネタバレブロガーです。ダークファンタジーもミステリも好きです。Netflixオリジナルドラマに首ったけです。

ミヅチをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました